クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

シニア猫の生活をサポート!4つの重要な場面に対する介護のポイント

           シニア猫を介護しているイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

この記事ではこんなことに触れています。

  • 体の衰えたシニア猫の主要な場面ごとの介護のポイントについて

 

あなたの飼っている猫は

「まだ体が思うように動かせていますか?」

 

元気に走り回って遊び、時にはイタズラをしてしまうようなヤンチャだったウチの猫。

「もうちょっと大人しくしてくれたら」

なんて思っていたあの頃ですが...

 

猫も年をとり、シニアの年代に入ったころから徐々に体が衰え始め、若いころの元気どころか日常生活でさえも思ったように上手くいかなくなっている様子

「そろそろ介護をし始めなきゃいけないかな」

といった考えがよぎります。

 

でも猫の介護なんて経験が無いと

「どんなことをどのようにしてあげればいいのかわからない」

と手の出しようがないですよね。

 

ということで今回は

  • シニア猫の生活をサポート!主要な場面での介護のポイント

について解説させていただこうかなと思います。

いつかは訪れるシニアの年代。

いつまでも一緒に楽しく暮らしていきたいものですね。

 

ちなみに「猫が寝たきりになってしまったときの介護方法」はこちらで解説しています。

 

シニア猫の生活をサポート!主要な場面の介護のポイント

白衣を着た猫のイラスト

猫は年をとって体を動かすのがキツくなってきたとしても、できる限り自分で動いて今までと同じように生活しようとします。

 

そんな状況をただ「頑張れー!」と見ているだけなのはあまりにかわいそう。

今までと変わらず...とまではキビシイかもしれませんが、

自分たち飼い主が介護(サポート)をして、少しでも楽に生活できるようにしてあげたい!

 

そこで、介護が必要になると思われる主要な場面、「ごはん」や「トイレ」といったものの介護のポイントをそれぞれ解説していこうと思います。

 

シニア猫の「食事」の介護のポイント

ごはんを食べる猫のイラスト

まずは、最も重要な「食事」の介護のポイントから。

 

食べやすくするために食器の高さが大切

シニア猫になると体の衰えから頭の位置を下げると前脚への負担が大きくて食べづらくなってしまいます。

さらに、飲み込む力も弱くなっているため、食べた物をスムーズに胃の方へ送ることが難しくなっています。

 

なので、

シニア猫の食事では食器の高さを上げるようにしましょう。

 

”上げる”と言っても顔が上を向いてしまっても食べづらいので

頭と体が地面と平行になるくらいの高さがちょうどいいでしょう。

 

「猫の食器」についてはこちらでおすすめを紹介していますのであわせて参考にしてみてください。

 

食欲の低下は工夫で回避しよう

シニア猫になり元気がなくなってくると”食欲が低下”してしまうおそれがあります。

「猫の健康は毎日の食事が大切」

と言われるように食べなくなってしまうと栄養が足らなくなり、みるみる弱っていってしまいます。

なので、

  • お湯でふやかして食べやすくしてあげる
  • レンジで温めて香りを高めて食欲を刺激する

といった”食べたくなる工夫”をするようにしましょう。

 

「猫がフードを食べないときの対処法」についてはこちらで解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

 

また、人間と同じように年をとって高齢になると食べれる量が減ってしまうのはどうしようもありません。

食事から摂取する栄養が減ってしまわないように、高エネルギーのフードを食べさせるようにしましょう。

 

「シニア猫用のフード」についてはこちらでおすすめを紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

 

シニア猫の「トイレ」の介護のポイント

トイレで用を足している猫のイラスト

続いてはこれも重要な「トイレ」の介護のポイントです。

 

トイレへの移動から出入りまでを楽にしてあげる

猫は高齢のシニア猫になって体があまり動かなくなってきてもオシッコやウンチをしたくなればトイレまで行こうとします。

 

しかし、間に合わなくて途中で粗相をしてしまったり、体が衰えているためトイレのフチに引っかかったりといったことが目立つようになってきます。

 

そんな「トイレの失敗」を防ぐためにまずは

猫が普段寝ている場所の近くにトイレを移動してあげましょう。

 

移動する距離を短くしてあげることで

  • 「間に合わなくなる」
  • 「トイレが遠くて面倒くさくなりガマンしてしまう」

といったことをなくすことができます。

 

また、トイレには

出入りをしやすくするためにスロープをつけてあげましょう。

 

ゆるやかなスロープをつけてあげることでまたいでトイレへの出入りをすることがなくなるため、引っかかってしまうこともなく楽にトイレに行けるようになります。

 

「シニア猫用の階段やスロープ」についてはこちらでおすすめを紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

 

歩くことがキツいような場合にはトイレまで補助をしてあげる

「寝たきりではないけど歩くこともキツくなっている」

というような場合でも、立ち上がれる限りはどうにかして自分でトイレまで行こうとします。

 

そんな場合には

  • ハーネスをつけておき、歩くときに負荷を軽くしてあげる
  • トイレに行きたい素振りを見せたらやさしく抱きかかえて連れて行く

といったような補助をしてあげましょう。

そしてそのままトイレが終わるまで体を支えてあげると、オシッコやウンチがしやすくなります。

 

シニア猫の「体のお手入れ」の介護のポイント

毛づくろいをする猫のイラスト

続いて、シニア猫の「身だしなみ」に関する介護のポイントです。

 

毛づくろいの代わりにこまめにブラッシングをしよう

シニア猫になって動くことがキツくなってくると、「毛づくろい」すらあまりやらなくなってしまいます。

 

すると、抜けるはずだった毛が体にとどまり続けて「毛玉」になってしまいます。

 

それを防ぐために

こまめにブラッシングをして抜け毛をしっかり取ってあげましょう。

 

「猫のブラッシング」についてはこちらで解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

 

また、ブラッシングをしてあげるときには

ついでにマッサージもしてあげると体への刺激になってなお良いでしょう。

 

「猫のマッサージ」についてはこちら

 

シャンプーは体への負担が大きいので、ドライシャンプーを使う

年をとったシニア猫にシャンプーをするのは体への負担が大きすぎます。

また、体だけではなく”濡れることによるストレス”もかなり大きくなってしまうので、あまりおすすめできません。

 

しかし、汚れてしまった体をキレイにしてあげたい!

 

そんなときには水を使わないでシャンプーができる

「ドライシャンプー」

を使ってみましょう。

 

「ドライシャンプー」についてはこちらで解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

 

爪や口の中にも注意をしておく

猫の体で他に注意しておくことと言えば

  • 爪の伸びすぎ
  • 口の中の異常

といったことでしょう。

 

シニア猫になると爪とぎもあまりしなくなるようになりますが、

爪とぎをせず伸び続けた爪はやがて肉球に突き刺さるようになってしまうおそれがあります。

そうなる前に切ってあげるようにしましょう。

 

また、猫は「歯周病」にかかりやすい動物だと言われています。

特に、ドライフードが食べにくくなってウェットフードを食べることが増えたようなシニア猫は

口の中に食べカスが残りやすく、歯周病の原因になってしまいます。

 

シニア猫になって歯みがきを始めるのは少し難しいので、飲み水に混ぜたりするような「口内ケアグッズ」を使って対応するようにしましょう。

 

「猫の爪切り」「口内ケア」についてはこちらで解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

 

シニア猫の「睡眠」の介護のポイント

寝ている猫のイラスト

最後にいちばん多くの時間を使うようになる「睡眠」の介護のポイントです。

 

長い睡眠時間に対応できるよう、快適な環境づくりを心がけよう

シニア猫になると体を動かさなくなるため、寝ている時間が多くなってしまいます。

そうなると、1日のほとんどを同じ空間で過ごすため、

快適な環境づくりが何よりも重要になります。

 

シニア猫の睡眠について気をつけたいことは以下のことです。

  • 猫ベッドは柔らかすぎるものだと逆に体の負担になる
  • 気温や湿度はなるべく一定に保つ
  • 周囲の安全は確保しておく

 

柔らかすぎる猫ベッドは体が沈み込みすぎて起き上がったりするのに負担が大きくなります。

また、猫の寝る場所は気温の変化が激しいようなところでは体の負担が大きいですし、周囲に物があったり落ちて割れるような物があると、寝ぼけて転倒してしまったときなどにケガをするおそれがあります。

 

「シニア猫の睡眠」についてはこちらで解説とおすすめのシニア用猫ベッドの紹介をしていますので、あわせて参考にしてみてください。

 

まとめ

寝転がっている猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は「猫の介護」について主要な場面ごとで介護をするポイントを解説させていただきました。

 

今回の内容をまとめると

  • シニア猫の介護は「食事」「トイレ」「身だしなみ」「睡眠」といったことを中心に考える
  • 食事の介護は”食べやすく”を意識、トイレの介護は”行きやすさ”を意識、身だしなみの介護は”清潔さ”を意識、睡眠の介護は”快適さ”を意識することを心がける

といったところでしょうか。

 

猫の介護は

「猫がやりやすいように考えて生活環境を見直してあげること」だということがわかりましたね。

”穏やかな老後”を送れるように快適な環境を整えてあげましょう。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になれば幸いです。