クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫のブラッシングに使うブラシの種類とは?種類別のオススメも紹介

 

          猫用のスリッカーブラシのイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

 飼い主のみなさん

猫のブラッシング、ちゃんとやってあげていますか? 

 

 ブラッシングといっても適当に人間が使うようなブラシを持ってきてバサバサといてやればいいというわけじゃありません。

 

猫には猫用のブラシがあります。

けど、猫用のブラシってどんなものがあるのかそこまで知りませんよね?

私も知りませんでした(笑)

 

そこで、少し調べてみたところ結構いろんな種類があるじゃないですか!

普段、自分が使ってる種類より多かったです。

 

ということで今回は

  • 猫用ブラシの種類とオススメ
  • 猫用ブラシを買うときの注意点

 を紹介、解説させていただこうかなと思います。

猫のブラシを揃えて、飼い猫をどの猫よりもキレイにしてあげましょう。

 

※オススメは私個人の考えで選んでいますので参考程度にとらえてください。

 

猫用ブラシの種類とオススメ

猫のサラリーマンのイラスト

猫のブラッシングをするためのブラシは用途別にいろんな種類があります。

その種類とは

  • コーム
  • ピンブラシ
  • ラバーブラシ
  • 獣毛ブラシ
  • 抜け毛ブラシ
  • スリッカーブラシ

主にこの5種類です。

それぞれのブラシの特徴を知って、スムーズなブラッシングができるようにしていきましょう。

 

コーム

コームとは歯が一直線に並んでいるもので、いわゆるクシです。

 

毛を取り除くと言うよりは毛の長い猫のもつれをほどいたり、毛の短い猫の仕上げとして使うことが多いです。

 

絡みついた毛はすぐに取れるのでブラッシング後の掃除はカンタンです。

 

「毛を取り除く」・・・中程度 

「毛並みを整える」・・高い

「使用後の掃除」・・・しやすい

 

 コームのオススメ品

 「岡野 ONS 高級両目金櫛」は持ち手が少し太めになっていて、適度な重量感もあるのでとても使いやすいコームとなっています。

また粗目と細めの2タイプが一体となっているので状況に応じて使い分けもできます。

 

本体サイズは長さ16.7㎝×幅3.2㎝となっています。

 

ここでは中サイズを紹介してますが、他に「小小」「小」「大」とあります。

子猫には「小小」、大型の長毛種には「大」といったように飼っている猫の大きさに合わせて選んでください。

 

高級と書いてはありますが、1000円程度なので値段を心配することはありません。

 

 「ディアトリベー 犬猫用くし ピロコーム(R)」普通のコームとは違ってくし歯がカーブしているのが特徴です。

くし歯自体も柔らかく肌を痛めることがないようにつくられています。

 

取り除いた毛はくし歯のふところ部分にたまるようになっているので毛が舞い散ることもありません。

また、穴のあいた持ち手部分があるので、とてもブラッシングがしやすくなっています。

 

ここでは基本となる「やわらかめ」を紹介してますが、他に「かため」「ながめ」とあるので飼っている猫に合わせて選びましょう。

 

値段はおよそ2000円~2500円となっています。

 

ピンブラシ

ピンブラシとは普通のブラシの面に毛がついているのではなくピンが並べられているブラシです。

 

毛を取り除くよりも、広い面積を素早く整えるのに適しています。

 

ブラッシング後はスキマに挟まった毛を取り除くのが少し手間です。

 

「毛を取り除く」・・・中程度

「毛並みを整える」・・高い

「使用後の掃除」・・・ややしにくい

 

ピンブラシのオススメ品

 「ペティオ(Petio) ネココ マッサージピンブラシ 猫用」先が丸くコーティングされているので、肌をやさしくマッサージすることができます。

 

また普通のブラシのように持ち手がなく、手にフィットする形をしているので体の細部までブラッシングがしやすくなっています。

 

値段は500円程度なのでコスパの面でも安心できます。

 

 「ペティオ(Petio) プレシャンテ ピンブラシ 長毛犬・長毛猫用」は名前の通り毛の長い猫用のピンブラシです。

 

毛の長い猫用ということで普通のピンブラシよりピンが長くつくられています。

また先が丸くコーティングされているのでもつれやすい長毛種の毛をほぐしながらマッサージもしてあげれます。

 

サイズが「S」「M」「L」の3種類あり、猫の成長段階や大きさに合わせて選べるようになっています。

 

値段は400円程度~800円程度なのでとても購入しやすいです。

 

ラバーブラシ

ラバーブラシとはゴムやシリコンでできているブラシのことです。

 

ゴムの摩擦力を使って抜け毛をごっそり取り除くことができます。

ただ、強すぎてまだ抜ける段階じゃない毛まで取ってしまうこともあるので使うときは注意が必要です。

 

ブラッシング後はゴムにくっついた毛を取るだけなので掃除はとてもカンタンです。

 

「毛を取り除く」・・・高い

「毛並みを整える」・・中程度

「使用後の掃除」・・・とてもしやすい

 

ラバーブラシのオススメ品

 「アリエッタ ペットブラシ グルーミンググローブ 左右ワンペア」手袋タイプのブラッシンググッズです。

 

両手にはめて撫でるようにするだけなので、とてもカンタンです。

これならお腹周りなどのブラッシングをイヤがるような猫でもやりやすいと思います。

 

手袋のサイズは縦22㎝×横16㎝ですが、マジックテープで調節が可能なので女性の方でもズレることなくできると思います。

 

ブラッシング後も手でカンタンに掃除ができるのでとても扱いやすいです。

 

値段も1000円程度と、とても安くなっています。

 

 「ビーボン BEBON ラバーブラシ『毛とるん』」極力静電気を抑える設計になっているので滑りやすく、摩擦抵抗が少なくなっているラバーブラシです。

 

摩擦抵抗が少ないので、必要以上に毛を取り除いてしまう心配がなく、素材自体も柔らかいので皮膚を傷めることもありません。

 

持ち手には指を入れれるようになっているので、猫をなでるようにブラッシングをすることもできます。

 

長毛種の猫用(ピンの高さ9㎜)と短毛種の猫用(ピンの高さ7㎜)があるので飼っている猫に合わせて選んでください(ここで紹介しているのは長毛種の猫用です)

 

値段は2000円程度となっています。

 

獣毛ブラシ

獣毛ブラシとは動物の毛(主にブタの毛)でできているブラシです。

 

他のブラシで抜け毛を取り除いた後の仕上げとして使うブラシとなっています。

スキマが狭くびっしりと並んでいるため毛を取り除く効果はあまり期待できません。

 

最後の仕上げで全体を軽くとかしてあげることで毛並みが整い、ツヤツヤとした非常にキレイな毛並みになります。

 

ブラッシング後の掃除はびっしりと毛が並んでいるため、非常にとりにくく大変です。

 

「毛を取り除く」・・・低い

「毛並みを整える」・・とても高い

「使用後の掃除」・・・しにくい

 

 獣毛ブラシのオススメ品

 「REDECKER/レデッカー 高級キャットブラシ(猫ブラシ)」ドイツ製の高級豚毛ブラシです。

 

ブナの天然木と天然豚毛を組み合わせた高級仕様です。

ブラシ自体は小さめなので猫のブラッシングにはちょうどいい大きさになっています。

 

ただし、毛の質が少し柔らかめになっているので、長毛種の猫にはあまり向かないかもしれません。

 

ここでは、ブラシ単体を紹介していますが、専用の毛取りクリーナーがセットになったものもあります。

 

値段はブラシ単体で2000円程度、専用クリーナーがセットになると3000円程度です。

 

 「ONS 高級豚毛ブラシ 小」は普通のブラシとは違い、手のひら全体で持って使うタイプのブラシです。

 

こちらも天然豚毛を使った高級ブラシとなっています。

こちらは毛の質が少しだけ硬めになっているようです。

 

サイズは「小」「中」がありますが、猫に使うのであれば小で大丈夫だと思います。

 

値段は1000円程度となっています。

 

抜け毛ブラシ

抜け毛ブラシとは、ムダな毛をごっそりと取り除くためのブラシです。

 

毛を取り除く効果は非常に高く、ホントに”ごっそり”取れてしまいます。

 

ただし、やりすぎてしまうと生えてきたばかりの毛まで抜いてしまったり毛が途中で切れてしまったりするので注意が必要です。

 

ブラッシング後の掃除は抜け毛を取るためのブラシということもあって掃除しやすく設計されています。

 

「毛を取り除く」・・・とても高い

「毛並みを整える」・・低い

「使用後の掃除」・・・しやすい

 

抜け毛ブラシのオススメ品

 「FURminator(ファーミネーター)」は今、大人気の抜け毛取り専用ブラシです。

 

健康な毛はそのままに、最大で90%の抜け毛を取り除くことができるとうたっており、レビューなどを見てもその効果に偽りはないように思えます。

 

ただし、人気商品ということで”粗悪な模倣品”が数多く出回っているようです。

買うときには正規代理店から飼うことをオススメします。

 

サイズは短毛種用S・Mサイズ、長毛種用S・Mサイズがあります。

 

値段は4000円~5000円となっています。

 

 「KYG 猫ブラシ 毛繕い 抜け毛除去用品」コスパもよく抜け毛もごっそりとれる抜け毛ブラシです。

 

取り除いた毛はワンタッチで掃除することができ、グリップ部分も握りやすくなっているのでとても使いやすいブラシだと思います。

 

また、コスパの面でもすごくよくファーミネーターが4000円くらいはするのに対し、こちらは1000円程度ととても買いやすくなっています。

 

スリッカーブラシ

スリッカーブラシはくの字に曲がったピンが並んでいるブラシで、長毛種の毛のもつれに使うことが多いです。

 

短毛種の猫に使うときは皮膚を傷めやすいので十分気をつけましょう。

 

「毛を取り除く」・・・中程度

「毛並みを整える」・・高い

「使用後の掃除」・・・ややしづらい

 

スリッカーブラシのオススメ品

 「TONGDA ペットスリッカーブラシ」アレルギー反応を起こすことなく、滑り止め及び耐摩耗の素材でできているブラシです。

 

ブラシの先端は丸くなっているため皮膚を傷つけにくいようにつくられています。

また、ワンプッシュで取り除いた毛を掃除できるようになっているので、後始末もカンタンです。

 

値段は1000円程度となっています。

 

 「ペティオ(Petio) プレシャンテ 回転スリッカーブラシ 猫用」ブラシ部分が猫の体に沿って回せるようになっているブラシです。

 

長さの違う2段ピンになっていて毛のもつれと抜け毛を取ってくれます。

ピンの先端も丸くなっていて皮膚を傷める心配はありません。

 

サイズは少し小さいかもしれませんが、猫に使うにはさほど問題にはなりません。

 

値段は1000円しないくらいなのでコスパもいいです。

 

猫用ブラシを買うときの注意点

バツを出している女性のイラスト

猫用ブラシを買うときはいくつか注意しておくことがあります。

後で後悔しないためにも気をつけて買うようにしましょう。

 

短毛種用と長毛種用をしっかりと確認する

猫のブラシには「短毛種用」と「長毛種用」に分かれているものがあります。

 

短毛種用と長毛種用では毛やピンの長さ、硬さなどが違ってきます。

 

毛の短い猫に長毛種用を使うとピンが長いため皮膚を傷めやすくなりますし、毛の長い猫に短毛種用を使うと奥の方まで届かないといったことになってしまいます。

 

買うときにはしっかりと確認して買うようにしましょう。

 

類似品や模倣品には気をつける

人気の商品は多くの類似品や模倣品が出回っています。

 

まだ、機能がちゃんとしているならいいですが、そういうのはほとんどが粗悪品です。

そんな粗悪な類似品や模倣品を猫に使ってケガをさせてしまうようなことがあっては意味がないですよね。

 

買う前にはレビューなどの情報を参考に、ちゃんとしたところかよく確認して買うようにしましょう。

 

まとめ

毛づくろいをする猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は猫用ブラシの種類とオススメ、それとブラシを買うときの注意点を紹介、解説させていただきました。

 

この記事の内容をまとめると

  • 猫用ブラシには「コーム」「ピンブラシ」「ラバーブラシ」「獣毛ブラシ」「抜け毛ブラシ」「スリッカーブラシ」がある
  • ブラシには短毛種用と長毛種用に分かれているものもあるので注意する
  • 人気の商品には類似品や模倣品があるので気をつける

という感じでしょうか。

 

飼っている猫にいつも気持ちよくいてもらうためにも、ちゃんとしたブラシを選んできちんとブラッシングをしてあげましょう。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。