クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

たまには猫のフードを”味変”しよう!猫用ふりかけのおすすめ5選

          猫のフードにふりかけをかけるイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

この記事ではこんなことに触れています。

  • 猫用ふりかけのおすすめと使うときの注意点 

 

「毎日同じ猫のフード、たまには”味変”してあげたいと思いませんか?」 

 

猫はとてもグルメな動物です。

鼻も良いため、食べものの香りにも敏感です。

 

そしてある種”頑固”な動物でもあります。

一度気に入らないと思えば、お腹が空いてもほとんど手をつけようとはせず、挙句の果てには

「フン!こんなのいらない!」

とばかりに”砂をかける仕草”まですることも。

 

そんな”困った”を解決してくれるパワーアイテムが

「猫用ふりかけ」

です。

 

フードの香りを良くし、味変してくれることで驚くほどの食いつきを取り戻すことができますし、おやつと違ってパウダー状になっているものが多いため「ドライフード」にも「ウェットフード」にも混ぜることができます。

  • 急にフードを食べなくなってしまったときの対策として
  • 普段からたまに味変をしてあげてフードをあきさせないためとして

常備しておくと助かること間違いなしです。

 

ということで今回は

  • おすすめの「猫用ふりかけ」5選
  • 猫用ふりかけを使うときの注意点

について紹介と解説をさせていただこうかなと思います。

お腹が空いて変なものを誤食してしまうことを防ぐためにもフードを飽きさせないことは重要な使命だと言えますね。

 

ちなみに、ふりかけをかけるものがないと始まらない、ということで

「年代別おすすめのフード」をこちらで紹介しています。

合わせてご覧になってみてください。

 

 

おすすめの「猫用ふりかけ」5選

親指を立てている人と猫のイラスト

 

「秋元水産 減塩ふりかけ かつおといわし」

30g526円(Amazon) 

原材料:かつお・いわし・酸化防止剤(ビタミンE)

 

こちらは

「塩分」は”少なめ”、「たんぱく質」と「カルシウム」は”たっぷり”の猫用ふりかけ

です。

 

猫にとって摂りすぎるとよくない「塩分」を少なめにしてあるので、ふりかけだけではなくそのままおやつとしてあげることもできます。

※体重1㎏あたり5g程度が目安になります。

 

◆成分◆
粗タンパク質:66.0%以上、粗脂肪:4.0%以上、粗繊維:0.5%以下
粗灰分:11.0%以下、水分:18.0%以下
カロリー 295kcal/100g

 

「全年齢対応(生後6か月~)」となっていますので生後6か月未満の子猫にはあげないようにしましょう。

また、塩分少なめとはいえ高齢の猫にはあげ過ぎないよう注意しましょう。

 

「ママクック フリーズドライのササミふりかけ」

25g464円(Amazon) 

原材料:鶏ササミ

 

こちらは

フリーズドライのササミを丁寧にほぐした無添加の猫用ふりかけ

です。

 

原材料の調達から加工、包装までをすべて国内でしているので、安心してあげることができます。

 

そのままふりかけてあげてもいいですが、少し水を含ませると生のササミに近い状態になるので食いつきがより良くなるうえに水分補給もできるようになるのでオススメです。

 

◆成分◆
粗たんぱく質:86,7%以上、粗脂肪:5,2%以上、粗繊維:0%以下
粗灰分4,6%以下、水分:3,5%以下
熱量(1袋あたり):99kcal

 

全年齢対応ですが、2か月未満の子猫には与えないようにとのことです。

また、無添加のため保存料などを一切使ってないので開封後はきちんと保存するようにしましょう。

 

「PELFY  ひとふり御膳 マグロ」

25g528円(Amazon) 

原材料:まぐろ(神奈川県産) 

 

こちらは

良質なたんぱく質とEPA、DHAなども豊富な無添加の猫用ふりかけ

です。

 

粒がきめ細かくフードに絡みやすくなっているので

「ふりかけのところだけ食べてしまった」

という事態になりにくいです。

 

また味の種類が豊富で、ここで紹介しているのは「マグロ」ですが他にも

  • 「カツオ」
  • 「サバ」
  • 「トビウオ」
  • 「ささみ」
  • 「馬肉」
  • 「カンガルー」

と計7種類の味があります。

特に「カンガルー」は聞いたことがなかったので衝撃的でしたが、

高たんぱくでミネラルが豊富、低アレルゲンな肉

としてレビューの評価も悪くありませんでした。

 

◆成分(まぐろ味)◆

粗タンパク質:77,5%以上 、粗脂肪:1,9%以上 、粗繊維質:1,6%以下
粗灰分:6,9%以下 、水分:15%以下
熱量:350kcal/100g

 

「CIAO 食塩無添加 高齢猫用柔らかふわふわかつお節」

40g650円(Amazon) 

原材料:かつお節(塩分約0,4%)

 

こちらは、

猫用おやつで超有名な「CIAOちゅ~る」と同じメーカーがつくった、保存料・発色剤・着色料を使ってない、食塩無添加の猫用ふりかけ

です。 

 

高齢猫でも食べやすいようにかつお節をうすく仕上げてありますが、あげる前に手で揉み砕いてあげるとより食べやすくなります。

 

また、塩分自体も低く抑えられているので、そのままおやつとしてあげても問題ありません。

 

◆成分◆

たんぱく質:65,0%以上、脂質:2,9%以上、粗繊維:0,1%以下
灰分:6,5%以下、水分:20,0%以下
エネルギー:約136kcal/袋

 

「鹿野匠丹波 ジャーキー(粉)」

60g1,210円(Amazon)

原材料:国産鹿肉

 

こちらは

独自製法の低温乾燥「新風乾」によって生肉の持つ栄養素を十分に保つことができている無添加の猫用ふりかけ

です。

 

鹿肉は低脂肪・高たんぱくで鉄分も多く、またアレルギーのリスクも低いため敏感な猫でも安心して食べることができます。

※成分の表記はありませんでした。

 

全年齢対応でもあり、ふりかけとしてではなくおやつとしてあげても大丈夫です。

※おやつとしてあげる場合は1日の食事量を考えてあげるようにしましょう。

 

猫用ふりかけを使うときの注意点

止めている人のイラスト

猫用ふりかけを使うときには”気をつけなければいけない”というほどではないですが、意識しておいた方がいいことがありますので解説しておこうと思います。

 

猫用ふりかけに頼りすぎないようにしよう

猫用ふりかけはあくまで「補助食品」です。

 

フードを食べないからと毎回かけてあげていては

「ふりかけを食べること」

がメインになってしまい、余計にフードを食べなくなってしまう可能性があります。

また、いつもかけてあげているとふりかけ自体にも飽きてしまい意味が無くなってしまいます。

 

毎回ふりかけがないとまったく食べようとしないという場合には、もうメインとなるフード自体を変えてしまうことを考えた方がいいかもしれません。

 

体調に変化はないか確認をしよう

フードの食いつきが悪くなってしまったのは本当に

「そのフードに飽きたから」

なのでしょうか?

 

もしかすると、

何か体調が悪いために少し食欲不振になっている可能性もあります。

 

仮に「ふりかけをかけてあげたらよく食べるようになった」という場合でも、どこかおかしいところはないか一度よく観察して、動物病院で健康診断をしてもらうなどしてみましょう。

 

添加物と塩分には注意しておこう

今回ここで紹介したものはどれも「塩分を抑えてあるもの」「無添加のもの」ですが、市販されているものの中には食いつきをよくするためなどの理由から

  • 添加物が多めに入っている
  • 塩分の量が多い

といったものがあります。

中には

  • アレルギーを引き起こす
  • 発がん性物質が含まれている

といったものもありますので、買うときにはできるだけ

「無添加」「塩分少なめ」

のものを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

満腹な様子の猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は「猫用ふりかけのおすすめと注意点」について紹介と解説をさせていただきました。

 

いくら「健康にいいから」といっても、いつも同じフードでは猫も飽きてしまうことだってありますよね。

上手に味変をしながら猫が毎日美味しくごはんを食べれるようにしてあげたいものです。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になれば幸いです。