クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫のフードボウル(食器)選びで大事なこと3つとおすすめ5選

            フードを食べる猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

この記事ではこんなことに触れています。

  • 猫のフードボウル(食器)を選ぶときに大事なこと
  • おすすめのフードボウル

 

 あなたは

「猫のフードボウル(食器)なんてどれも同じだと思ってませんか?」

 

その考えは違いますよ。

猫は食べるフードボウルひとつで健康面にも影響が出てくることがあるんです。

特に高齢のシニア猫になってくるとその差は歴然!

 

しかも、1日の内ほとんどを寝て過ごしている猫にとって、

ごはんは唯一と言っていいほどの楽しみな時間

じゃないでしょうか。

 

そんな大切な時間をフードボウルひとつでもっと良いものに変えれるのであれば...やってみるしかありませんね!

 

ということで今回は

  • 猫のフードボウル(食器)選びで3つの”大事”なこと
  • おすすめのフードボウル5選 

について解説をさせていただこうかなと思います。

猫がごはんをもっと楽しめるようにいろいろと考えて選んであげましょう。

 

猫のフードボウル(食器)選びで3つの”大事”なこと

猫の博士のイラスト

猫にもっとおいしく、楽しいごはんの時間を過ごしてもらうためには

「猫のフードボウル(食器)の選び方が大事」

になってきます。

 

と言われても何を基準にどこを重視して選べばいいかわかりませんよね。

そこでまずフードボウルを選ぶ3大ポイントとして

  • 高さが大事
  • 深さが大事
  • 素材が大事

といったことを意識するようになりますが、これだけではまだ

「何のこっちゃ?」

という感じだと思いますので、ひとつずつ詳しく解説をしていきましょう。

 

良いフードボウルがあってもフードが良くないと意味がありません。

年代別おすすめのフードはこちらで解説していますので参考にしてみてください。

 

猫のフードボウル(食器)は”5~8㎝の高さ”が理想的

フードボウルの高さのイラスト

猫が普通のフードボウルで食べているときの姿勢を確認してみてください。

一見すると自然な感じで食べているように見えますが、

じつは

体の各部に負担がかかってしまっているんです。

 

普通の低いフードボウルでは「猫の体の構造」「食べているときの姿勢」から

  • 「口の位置が下がり、胃の位置が上がる」という上り坂の形になってしまう
  • 前脚を踏ん張る形になり、間接への負担が大きくなる
  • お腹を圧迫するような形なので食べたものを吐きやすくなってしまう

といったデメリットが多くなってしまいます。

 

そのため猫が食べやすい形になるには

一般的に地面から

”5㎝~8㎝”の高さがあるものが良い

とされています。

ただし、猫の大きさによって理想の高さは変わってきますのであくまで目安として捉えておきましょう。

 

そうしてきちんとした高さをつくってあげることで”前のめり”の状態が解消され

  • 「口から胃までが平行または下り坂になる」ので食べたものが胃に行きやすい
  • 重心が前から後ろ側に移るため前脚の関節への負担が減る
  • お腹を圧迫することがなくなるため吐き戻しを軽減できる

といったメリットが生まれます。

 

猫のフードボウル(食器)は”浅すぎず深すぎず”が理想的

浅すぎず深すぎずのイラスト

猫がごはんを食べるときは、人間のように箸を使って食べるわけではありませんので、フードボウルに顔を突っ込む形で食べるようになります。

 

その際、深すぎるフードボウルでは「猫のヒゲ」がフチにあたります。

「それがどうしたの?」

と思うかもしれませんが、猫にとってヒゲは距離感を測ったりなどとても敏感で大事な部分。

 

そのため、

食べるたびにヒゲがあたると気になって”ストレス”になります

 

なので、猫のフードボウルは”浅ければ浅いほど”猫にとっては食べやすくなります。

 

しかし、浅すぎると問題になってくるのが

「フードの食べ散らかし」

です。

浅すぎるとフードがこぼれやすく周りに飛び散ってしまうため、掃除が大変になります。

まあ、これに関しては飼い主さんが気にするかどうかなので、問題がなければ猫が食べやすい浅めのフードボウルを選ぶようにしましょう。

 

猫のフードボウル(食器)の素材は”陶磁器”が理想的 

陶磁器のイラスト

猫のフードボウルにもいろんな素材のものがあります。

主に

  • プラスチックタイプ
  • ステンレスタイプ
  • 陶磁器タイプ

のものが多くなりますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ただ、猫のことを考えると「陶磁器タイプ」のものがいちばん良いのではないかと思います。

 

それぞれ素材ごとのメリット・デメリットを軽く解説しますので、フードボウル選びの参考にしてみてください。

 

「プラスチックタイプ」のメリット・デメリット
  • リーズナブルなものが多く、軽いので使いやすい
  • 傷がつきやすく雑菌がつきやすいので衛生面が心配
    ※アゴニキビの原因になることも

 

「ステンレスタイプ」のメリット・デメリット
  • 丈夫で汚れや傷がつきにくい
  • 熱伝導が高いので冬場にはフードが冷たくなる
    ※猫がステンレスのニオイを嫌がることも

 

「陶磁器タイプ」のメリット・デメリット
  • 重くて安定感があるので猫がひっくり返してしまうことがなく、傷がついたりフードが冷たくなる心配も少ない
  • 落としたりぶつけたりしたときに割れやすい
    ※欠けた部分で猫がケガをすることも

 

おすすめのフードボウル5選

親指を立てている人と猫のイラスト

これまでのことを踏まえておすすめするフードボウルを5つほど紹介したいと思います。

どれを買おうか迷ったときの参考にしてみてください。

 

猫壱 ハッピーダイニング 脚付きフードボウル レギュラー

1,254円(Amazon) 

 

こちらは猫用フードボウルと言えばおなじみ、猫壱のフードボウルです。

AmazonのCMでも登場しているもので猫用食器のベストセラー1位の商品です。

 

脚付きで食べやすくなっているだけではなく、

  • フチに返しがついているのでこぼしにくい
  • 適度な傾斜がついているのでフードが底に戻ってくる
  • 電子レンジや食洗器を使用しても大丈夫

と良いところが満載です。

 

脚の高さ、ボウル部分の大きさなどたくさんの種類があるのでどんな猫でもピッタリなものを見つけることができると思います。

 

Winwinfly スタンド付き猫用傾斜ペットボウル

739円(Amazon)

 

こちらは

5A食品グレードのPC素材でつくられた

フードボウルです。

 

無毒・無臭で軽く丈夫な構造になっているため壊れにくく、プラスチック製などに多い

「傷がつきやすく雑菌が繁殖しやすい」というデメリットはありません。

 

また、

  • 「15℃くらいの傾斜付き」
  • 「高さ手前5,5㎝、奥9,4㎝、直径14㎝の幅広タイプ」

になっていて猫の食べやすさをとことん追求しています。

 

ネコボウル ペット食器台

2,599円(Amazon) 

 

こちらは

4段階に高さが調節可能なフードボウル付き食器棚

です。 

 

高さが「5,5㎝」・「8,5㎝」・「11㎝」・「13,5㎝」と調節できるので猫の成長に合わせて高さを変えれるようになっています。

※傾斜は15℃

 

付属の陶器製フードボウルも直径14㎝と幅が広くなっているので、猫がゆったりと食事をすることができます。

 

ただ、食器棚の縦幅が15㎝、横幅が31㎝あるので少し場所をとるかもしれません。

 

ペットボウル 給水器付き食器スタンド

1,569円(Amazon) 

 

こちらは

フードボウルを設置する横にサイフォンの原理で自動給水される水飲みがついた食器棚

です。

 

フードボウルの高さも4,5㎝、傾斜も15℃になっているので猫が食べやすい設計になっています。

 

フードボウル付き ペットボウルスタンドセット

1,399円(Amazon) 

 

こちらは

すべて透明でちょっとオシャレな感じになっている

フードボウルと食器棚です。 

 

一見すると軽そうに見えるので、

「猫が食べているときに動いてしまうんじゃないか?」

と思いますが、底に滑り止め防止のパッドがついているので心配はいりません。

 

可愛らしい猫型のフードボウルも透明なので遠くからでもすぐ食べたかどうかの確認ができます。

また、洗う際には食器洗い機で洗うことができるのでお手入れもカンタンです。

 

まとめ

満腹な様子の猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は「猫のフードボウル(食器)の選び方とおすすめ5選」について解説をさせていただきました。

 

今回の内容をまとめると

  • 猫のフードボウル選びは「高さ」「深さ」「素材」が大事
  • フードボウルの高さは一般的に5㎝~8㎝が理想的
  • フードボウルの深さは浅すぎず深すぎずが理想的
  • フードボウルの素材はできれば陶磁器タイプが理想的

といったところでしょうか。

猫は食器を変えるだけで食べやすさや体への負担などいろんなことが改善されていきます。

たかが食器と考えず、猫に合った食器を選んであげるようにしましょう。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になれば幸いです。