クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫用爪切りの種類の多さにビックリ!爪切りの種類と種類別オススメ

         猫の爪を切るイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

よく思うのですが

「猫と話ができたら苦労はないのにな~ 」

 

 猫の爪切りってホントに大変ですよね。

もし、話ができたら「ちょっとガマンしてね」って言い聞かせれるんですけど...

 

まあ、実際には無理なことなんでイヤがる、暴れる、噛みつくなどやられたい放題ですけど(笑)

 

だったらせめて猫にも人にもベストな爪切りを選んで、被害を最小限、出来れば被害ゼロに持っていきたいですよね。

 

そこで今回は

  • 猫の爪切りの種類とオススメ

について紹介と解説をさせていただきたいなと思います。

 猫の性格や爪の状態で合っている爪切りも違ってくるので参考にしてみてください。

 

 いいものを選んで、猫の爪は切っても信頼関係は切らないようにしていきましょう(笑)

 

ちなみに爪切りの手順はこちらで解説しています。参考にしてみてください。

猫の爪切りはこんな感じでやろう!猫の爪を上手く切る手順を解説

 

 

猫の爪切りの種類とオススメ

オススメしているイラスト

猫の爪切りはその形やカタさなどに合わせていろんな種類のものがあります。

子猫の爪を切るにはこのタイプ、カタい爪にはこのタイプといった感じです。

 

それらを大きく分けると5つのタイプになります。

その5つとは

  • ハサミタイプ
  • ギロチンタイプ
  • ピコックタイプ
  • ニッパータイプ
  • 電動タイプ

の5つです。

タイプごとの特徴とオススメを紹介していこうと思いますので、飼っている猫に合わせて選んでみてください。

 

また、爪切りのときに利用するサポートグッズも合わせて紹介しようと思います。

 

 ハサミタイプ

ハサミタイプの爪切りは、普段紙を切ったりするあのハサミと似たようなものです。

 

私たちが普段から使い慣れている形をしているので、爪切りに慣れていない飼い主さんでもやりやすいです。

爪が小さくて柔らかい子猫の時期に向いています。

 

力が均等に加わりにくいため、爪が割れてしまうといったこともありますので、爪が大きくカタくなってくる成猫に使う場合は注意が必要です。

 

選ぶときはほとんどがそうなっているとは思いますが、安全のため刃先が丸くなっているものを選んだ方がいいでしょう。

 

ハサミタイプのオススメ

 「猫壱(necoichi) ストレスなくスパッと切れる猫用爪切り」はすべて日本製でつくられている品質や精度ともに安心できる猫用爪切りです。

 

刃の部分にはステンレスを使っているので切れ味がとてもよく、ハサミタイプにありがちな”押しつぶしてしまう”といったことは起こりにくくなっています。

 

刃の厚みも1.5㎜と薄くなっているので切りたい部分を見やすくなっています。

パッケージサイズですが横7㎝×縦18㎝×厚さ0.9㎝で値段は2,000円くらいです。

 

 「ペティオ(Petio) ネココ カーブ爪切り ストッパー付き 猫用」はハサミを少しカーブさせて切りやすく設計されている爪切りです。

 

刃先部分には深爪防止のためにストッパーがついていて一定の長さ(2㎜)で切れるので爪が黒くて血管部分が見えにくいような猫でも安心して切ることができます。

 

ただ、ストッパーは片方にしかついていないので左利きの方にはあまり意味がないかもしれません。

 

サイズは横5.6㎝×縦8㎝×厚さ0.8㎝で値段は700円くらいです。

 

ギロチンタイプ

ギロチンタイプは爪切りの先に穴が開いているので、そこに猫の爪を入れて切るタイプのものです。

 

切れ味がいいのが特徴で、ハサミなどで切ったときに出る「パチッ」という音やその際の振動がないので、音や振動にビックリしてしまう猫には最適です。

 

また、爪に力が均等に加わりやすいので、爪が割れるといった心配もありません。

爪も大きくカタくなってくる成猫にはこちらのタイプが向いていると思います。

 

ただ、穴の中に爪を入れて切るということで、シニア猫でなりやすい巻き爪になっていると切りにくいです。

それと慣れないうちは使いにくいかもしれませんので、初めのうちは慎重に切りましょう。

 

ギロチンタイプのオススメ

 「廣田工具製作所 ペット用つめきり[ZAN] ギロチンタイプ Mサイズ」

はシンプルなデザインの日本製爪切りです。

 

日本製ということもあって切れ味や使いやすさがとてもよく、品質も保証されています。

 

ドライバーがあれば刃の切れ味をカンタンに調節することができます。

レビューではとても評判が良いので少し割高ではありますが、買って損はないでしょう。

 

サイズは幅10㎝×高さ12㎝×厚さ1.5㎝で値段は2,000円くらいです。

 

 「Weina Bingo ペット用爪切り ギロチンタイプ」は多くの獣医師さんやペット美容師さんから好評の爪切りです。

 

刃にはステンレスを使っているので切れ味がよく、グリップ部分にバネが付いた設計となっていて軽い力でも爪をスパッと切れるようになっています。

 

値段も1,000円程度とコスパもいい爪切りです。

 

ピコックタイプ

ピコックタイプはギロチンタイプに似ていますが、こちらは穴に爪を入れるようにはなっていないので、巻き爪になっていても切りやすくなっています。

ハサミのように刃を直接爪にあてて、ギロチンのように切るので2つの間のような爪切りです。

 

爪を切るときも大きな音はせず、力も均等に加わるためスパッとキレイに切れます。

 

ピコックタイプのオススメ 

 「廣田工具製作所 ペット用つめ切り ピコックタイプ」はギロチンタイプでは切りにくい巻き爪の猫でもつぶさずにキレイに切ることができる爪切りです。

 

ドライバーで切れ味をカンタンに調節できます。

 

あまり販売が多くないようなので、こちらの商品しかありませんでしたが品質は申し分なしです。

 

サイズは幅9㎝×長さ18㎝×厚さ2㎝で値段は2,400円くらいです。

 

ニッパータイプ

ニッパータイプはよくある工具のニッパーのような形の爪切りです。

大きめの猫の厚みのある爪やカタい爪などを切るのに適しています。

 

爪切り自体が大きいため子猫などの小さい爪を切るのには向いていません。

 

カタくて他の爪切りではなかなか切れないような爪でも軽い力でカンタンに切れるので握力に自信のないかたにはニッパータイプが使いやすいでしょう。

 

ニッパータイプのオススメ

 「SOROY ペット用爪切り ヤスリ付き ニッパータイプ」は猫の安全面を考えてつくられたニッパータイプの爪切りです。

 

深爪を防止するためのカバーがついていてグリップはソフトラバーで握りやすく滑りにくいものになっています。

先を閉じた状態でロックできるので安全に保管できます。

 

専用のヤスリも付いているので爪切り後にキレイに磨いてあげることもできます。

 

サイズは横×12㎝縦16.5㎝、ヤスリは横1.5㎝×縦14㎝で値段は1,000円くらいです。

 

「SUWADA nekozuki ニッパー」世界でもトップクラスの爪切りを製造しているSUWADAが製造したニッパータイプの猫用爪切りです。

 

値段はかなりのものですが、その分、切れ味や機能性は抜群です。

バネにはシリンダーバネを使い、通常使用では3~5㎜程度の開きなので操作性もよく、厚い爪の場合でも最大15㎜まで開くので対応可能です。

 

切りたい部分がよく見えるようになっているので深爪の心配もありません

 

サイズは全長12.5㎝で値段は12,000円くらいです。

 

電動タイプ

電動タイプは爪をきるのではなく、先についた電動のヤスリで爪を少しずつ削っていく形になります。

 

切らずに少しずつ削っていくので「失敗したー!深爪になってしまったー!」ということが起こりにくく、切った際の爪の飛び散りも防ぐことができます。

 

また、削っていくため仕上がりがとてもキレイになります。

 

ただし、電動ということで「音」や「振動」が出てしまいますし、少しずつ削るため時間も他のタイプの爪切りよりかかってしまいます。

 

「音や振動が苦手」「あまり長くじっとしていられない」といった猫には向いてないかもしれませんね。

 

電動タイプのオススメ

 「HIRALIY ネイルグラインダー」自分で回転速度を調節が可能な無段階調節ができるようになっているので猫の爪の状態に応じて強くしたり弱くしたりできる電動爪切りです。

 

音も静かで振動も小さく、猫がビックリせず安心して使うことができます。

ヘッド部分にはダイヤモンドビットがつけられているので素早く効率的に削れるようになっています。

 

1回の充電に3.5時間かかりますが、フル充電で連続20時間稼働可能となっているので途中で止まるといった心配はありません。

 

値段は2,000円くらいとなっています。

 

「difang 電動爪トリマー」低音・低振動が特長の電動爪切りです。

猫によっては寝たまま爪を削ることもできるくらいの静かさと振動の小ささです。

手にフィットしやすい小さめのデザインでとても使いやすくなっています。

 

回転速度は2段階で調節ができるようになっていて、ヘッド部分にはダイヤモンドビットを使っています(交換用も別に販売しています)

 

 また、使った後は取り外して洗うことができるので衛生的でもあります。

 

値段は2,000円くらいです。

爪切りのサポートグッズ

爪切りをするときに暴れたり逃げだそうとされると失敗してしまう可能性が高くなりますよね。

 

そういうときのためにいろいろなサポートグッズがありますので、爪切りに苦労されているようなら試してみるのもありかもしれません。

 

サポートグッズのオススメ

 「キャットグルーミングバッグ」は爪を切るときに暴れてしまう猫を入れるバッグです。

 

暴れる猫を動物病院などへ連れていくとき、獣医師の先生から「暴れるようなら洗濯ネットに入れると良い」と言われたことありませんか?

 

ただ、家で爪切りをする場合は洗濯ネットでは足が出せません。

 

このキャットグルーミングバッグを使えば顔部分と足の部分にファスナーがついているので爪を切りたい足だけを出すことができます。

 

猫を入れるときにちょっと苦労するかもしれませんが、顔と足は出せるのでそこまで捕まえられているといった感じはないようです。

 

他にも動物病院へ連れていくときやお風呂に入れるときなどにも使えるようです。 

 

サイズは長さ46㎝×高さ24㎝で値段は1,200円くらいです。

 

 「THAINペット口輪 猫マスク」目隠しをして目の前を真っ暗にすることで猫を落ち着かせることができるということらしいです。

 

暴れて噛みつくような猫にはつけておくとその心配はなくなるかもしれません。

 

ただ、おとなしくつけさせてくれるかはわかりませんし、つけた後、イヤがって無理やり外しそうですね。紹介しといてなんですが...

 

サイズはSサイズが2.5㎏以下、Mサイズが2.5㎏~5㎏、Lサイズが5㎏以上で値段は700円くらいとなっています。

 

試してみようと思う方は買ってみてください。

 

 まとめ

猫と赤ちゃんのイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は猫の爪切りの種類とそれぞれのオススメ、猫の爪切りをするときのサポートグッズを紹介、解説させていただきました。

 

爪切りひとつとっても人間の爪切りより種類も豊富でいろんなものがありましたね。

 

使いやすさやコスパなど飼い主さんによって重視するポイントは変わってくるでしょうが、猫にも人にも安心・安全・ストレスフリーなものを選べるといいですね。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。