クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

成猫のごはん選びで意識することは?ポイントとおすすめフード5選

          満腹な様子の猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

子猫だった成長期 を過ぎ成猫へと変わっていく中でキャットフードもそれに対応したものに検討中の方、これから保護猫などを引き取ったりして1歳以上の猫を飼おうとしている方

 

「キャットフードを買おうとして、どれがいいか迷ってないですか?」

 

実際、成猫の期間(1歳~6歳)がキャットフードの種類もいろんな用途に分かれていちばん選択肢が多いと思います。

 

けど、大切な家族でもある愛猫のごはんをテキトーに選ぶのだけはしたくないですよね。

 

そこで今回は

  • 成猫の期間のキャットフードを選ぶときのポイント
  • 私個人のオススメするキャットフード5選

を解説、紹介させてもらおうかなと思います。

 

猫が安心して毎日ごはんが食べれるように、キャットフードを選ぶときの参考にしてみてください。

 

成猫のキャットフードを選ぶときのポイントは?

不思議に思っている猫のイラスト

猫の成長は1歳になるまでにほとんどが止まっていきます。

 

なので1歳以上の猫には子猫のときほどエネルギーを必要としなくなるのです。

子猫のときに食べさせていたキャットフードをそのまま食べさせ続けるとあっという間に肥満体型の猫へと変わってしまうでしょう。

 

成猫のキャットフードを選ぶときのポイントは

  • 健康維持のための栄養バランスのとれたもの
  • 肥満や下部尿路疾患の病気をケアできるもの

となります。

それではひとつずつ解説していきましょう。

 

健康維持のための栄養バランスのとれたもの

子猫のときのように成長を意識した高カロリーなキャットフードではなく

猫に必要な栄養素の

  • たんぱく質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

がバランスよく配合されたキャットフードがいいですね。

 

たんぱく質

たんぱく質は猫のエネルギー源ともいうべき大切な栄養素です。

最低でも26%以上はあるものが好ましいです。

 

肉食動物である猫は動物性たんぱく質が人間の5~6倍必要になってくるので肉や魚が主原料になっているキャットフードを選ぶのがいいでしょう。

 

また肉や魚に多く含まれるタウリンは猫が毎日の食事からしか摂ることができない大切な栄養素のひとつでもあります。

 

脂質

脂質も猫の臓器や筋肉を動かす大切なエネルギー源となっています。

その他にも消化吸収を助け、健康な皮膚やキレイな被毛を保つのにも役立つ栄養素です。

 

あまりに多すぎてもいけませんが最低でも9%以上は入っているものを選ぶようにしましょう。

 

ビタミン

ビタミンは健康な皮膚や被毛、病気に対する抵抗力を高めるのに役立っている栄養素です。

 

猫はビタミンCは自分の体内でつくることができるのですが、それ以外のほとんどのビタミンは体内でつくることができないので毎日の食事から摂る必要があります。

 

ミネラル

ミネラルは丈夫な骨や歯をつくったりするのに欠かすことのできない栄養素です。

 

カルシウムやリン、マグネシウムなどの各種ミネラルがうまく機能していくためにはそれぞれをバランスよく摂ることが大切になります。

 

例えば、マグネシウムは摂りすぎてしまうと尿路結石などの「下部尿路疾患」の原因になると言われています。

 

水分

最後に栄養素とは違いますが猫にとって水分も大事なもののひとつです。

 

もともとあまり水を飲まない動物なのでオシッコなど凝縮されて腎臓に負担がかかりやすくなっています。

 

また、多くの飼い主さんが主食としてあげていると思われるドライフードにはあまり水分が含まれてないので、常に清潔で新鮮な水をたくさん飲めるようにしていないといけません。

 

肥満や下部尿路疾患の病気をケアできるもの

多くの飼い主さんが飼っている猫が成長期が過ぎるころまでに避妊・去勢手術をされていると思います。

 

避妊・去勢手術の最大のデメリットと言われるのが

 

「手術した後は太りやすくなる」

 

ということです。

まだ成長期にいる猫なら体を大きくするためにどんどんエネルギーを消費しますが

成長期を過ぎた猫になると油断していたらすぐに肥満になってしまいます。

 

なので、普段からカロリーや栄養バランスに気をつけて食事の面からきちんと体重管理ができるキャットフードを選んであげましょう。

 

また、成猫の期間である1歳~6歳の間でいちばんかかりやすい病気と言われているのが「尿路結石」や「膀胱炎」などの下部尿路疾患の病気です。

 

それと7歳以上から特にかかりやすくなる「腎臓病」も猫がかかりやすい病気のひとつですのでまだ若い年齢のうちから十分なケアをしていく方がいいと思います。

 

とはいえ、獣医師でもなく専門の知識もない私たちのような飼い主ができることといえば、毎日の食事からケアしてあげるというくらいでしょう。

 

なので、そういった病気をケアしてあげれるようなキャットフードを選んであげるようにしましょう。

 

オススメの成猫用キャットフード5選

猫のドライフードのイラスト

先ほど解説したポイントから成猫のキャットフードを選ぶときは

  • たんぱく質は26%以上、脂質は9%以上で栄養バランスのいいもの
  • 避妊・去勢手術後や下部尿路疾患の病気をケアできるもの

を意識して選べばいいということになります。

そこで私個人の見解からオススメのキャットフードを5つ選んでみました。

購入の際の参考にしてみてください。

 

ロイヤルカナン FHN インドア 猫用

最初に紹介するのは「ロイヤルカナン FHN インドア 猫用」です。

 

こちらはたんぱく質25%以上、脂質11%以上となっていてその他栄養のバランスもいいです。

 

インドアの名前の通り、運動不足になりやすく肥満のリスクが高い「室内飼いの猫用」にエネルギーを低減したものになっています。

 

また下部尿路疾患を考慮した栄養組成になっているので病気のケアにもなります。

 

ヒルズ サイエンス・ダイエット キャットフード 避妊・去勢猫用 避妊去勢後~6歳 体重管理と健康ケア

続いて紹介するのが「ヒルズ サイエンス・ダイエット キャットフード 避妊・去勢猫用 避妊去勢後~6歳 体重管理と健康ケア」です。

 

同じものでヒルズ サイエンス・ダイエット<プロ>のものがありますがそちらになると値段がちょっと高くなるので、買いやすいこちらを紹介しました。

 

こちらはたんぱく質28.5%以上で脂質は8%以上となっています。

太りやすい避妊去勢後用ということで通常のものと比べて脂肪分約50%オフ、カロリーも約13%オフとなっていて避妊・去勢後の体重管理をサポートしてくれます。

 

こちらも室内猫用がありますので好みに応じて変えてみてください。

 

ピュリナ ワン キャットフード 避妊・去勢した猫の体重ケア 避妊・去勢後からすべての年齢に

次に紹介するのは「ピュリナ ワン キャットフード 避妊・去勢した猫の体重ケア 避妊・去勢後からすべての年齢に」です。

 

こちらはたんぱく質38%以上ととても高く、脂質は8.5%以上となっています。

これも避妊・去勢後用ということで通常のものより約24%低脂肪、約17%低カロリーになっています。

 

また毛玉ケアと尿pHコントロールによる下部尿路の健康維持もサポートされています。

 

他にも「室内猫用」や「下部尿路の健康維持用」などいろんな種類がありますので好みによって変えてみてください。

 

ニュートロジャパン ニュートロ ナチュラルチョイス キャット 避妊・去勢猫用 アダルト

次は「ニュートロジャパン ニュートロナチュラルチョイス キャット 避妊・去勢猫用 アダルト」です。

 

これはたんぱく質33%以上で脂質は14%以上となっています。

 

厳選した自然素材を使い、独自の厳しい検査基準を設けているためとても安全で良質なキャットフードとなっています。

こちらも避妊・去勢後用のためカロリーが低く抑えられた配合です。

 

この他にも「室内猫用」や「減量用」などありますので好みに合わせて選んでみてください。

 

Orijen(オリジン) キャットフード フィット&トリム キャット

最後に紹介するのは「Orijen(オリジン) キャットフード フィット&トリム キャット」です。

 

こちらはたんぱく質44%以上、脂質15%以上とたんぱく質がとても高くなっています。

 

このキャットフードで特徴的なのが原材料名のほとんどの項目に「新鮮鶏肉」や「新鮮鶏レバー」といった感じで新鮮がついているということです。

 

それほど新鮮さに自信があるということなのでしょう。

 

また、食物繊維をバランスよく配合されていて、脂質と炭水化物の量も抑えめにされているので猫の体重を管理するのに向いています。

 

まとめ

膝に猫をのせている人のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は成猫のキャットフードを選ぶときのポイントから私個人のオススメするキャットフードを紹介させていただきました。

 

もう一度、成猫のキャットフードを選ぶときのポイントをあげると

  • 健康維持のための栄養バランスがとれたもの
  • 肥満や尿路下部疾患のケアができるもの

となります。

 

今回キャットフードのことをいろいろ調べていて、検索すると必ず上位に出てくるようなキャットフードが口コミやレビューを見ると評判が悪かったりしていたのでネットの情報をすべて鵜呑みにするのは怖いなと思いました。

 

みなさんも大切な飼い猫のためにあふれている情報をすべて鵜呑みにせず慎重に選ぶことをオススメします。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。