クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫の去勢・避妊手術後に太らせないために飼い主がする3つのこと

           大きな猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

この記事ではこんなことに触れています。

  • 去勢・避妊手術後に太らせない方法
  • 去勢・避妊手術の必要性

 

 

猫を飼っている多くの方が去勢・避妊手術をしている、またはする予定だろうと思います。

 

けど、こういうことを聞いたことはないですか?

 

「去勢・避妊手術後は太りやすくなる」

 

実際、 猫を去勢・避妊手術した後、多くの猫が太りやすくなってしまいます

 

私が過去に飼っていた猫はオス猫2匹だったのですが、どちらも去勢手術後にどんどん体重が増加”見た目もまん丸”になってしまいました。

 

ほどなくして少し痩せたのですが、小走りをするとお腹の肉が左右に揺れてブランブランしてましたね(笑)

それを見ては、カワイらしいやらみっともないやらで複雑な気持ちになったものです。

 

まん丸とした姿、私たち猫好きにはたまらなくカワイイ姿です。

 

しかし、健康面では

”病気のリスクなどが高くなる”

ので、決していいものではありません。

 

じゃあどうすれば太らせずに済むのかというと...

ただあなたが3つのことをきちんとしてあげればいいんです!

 

ということで今回は

  • 去勢・避妊手術後に太らせないためにするべき3つのこと
  • 去勢・避妊手術はした方がいいの?

について解説をさせていただこうかなと思います。

 

去勢・避妊手術をすると平均寿命が延びると言われています。

太らせてしまうことによって病気などのリスクを高め、延びるはずだった寿命をあなたが縮めてしまうことのないようにしましょう。

 

 

去勢・避妊手術後に太らせないためにする3つのこと

猫の手術のイラスト

去勢・避妊手術後に太りやすくなってしまった猫を太らせないために私たち飼い主にできることは何でしょうか?

 

飼い主がやるべきことは3つあります。

それは

  • 食事の量をコントロールしてあげる
  • 意識して運動させる、または運動するような環境をつくってあげる
  • 飼い主側が決してくじけない

といったことです。

それではひとつずつ詳しく解説していきましょう。

 

ごはんの量をコントロールしてあげる

お腹いっぱいの猫のイラスト

去勢・避妊手術後に太ってしまう最大の原因

 

それが”ごはんの量”です。

 

去勢・避妊手術は動物の本能の1つである「子供をつくる」ということを断つ手術です。

そのため持て余した本能が”食欲”にいくことが多くなり、手術前よりたくさん食べるようになります。

 

カワイイからと求められるままにご飯やおやつをあげていると、瞬く間にまん丸な体になってしまいます。

 

また、普段からいつでも食べれるようにと”置きエサ”をしている場合、あればある分だけ食べてしまいます。

「日中は猫だけでお留守番」というような状況以外は止めた方がいいでしょう。

 

あげるキャットフードの量は?

去勢・避妊手術後は多くの猫で”代謝が20%~30%は落ちる”そうです。

そのため、摂取カロリーをそれだけ抑える必要があります。

 

一応、目安としての量は

2㎏~3㎏ : 30g~40g

3㎏~4㎏ : 40g~50g

4㎏~5㎏ : 50g~60g

5㎏~6㎏ : 60g~70g 

と、なっているようです。

これを日に2回や3回などちょこちょこ分けてあげるようにしましょう。

 

ただ、年齢や体調によって適正量が変わってきますのであくまで目安としてとらえておき、猫の様子を見ながら調整してください。

 

※「 獣医師広報版」というページで猫の体重や状況から必要カロリーを計算できるものがあります。

体重を入力してください。  kg 例:3.5
  入力は半角数字でお願いします。(漢字入力モードはダメ)

該当項目にチェックを入れてください。
健康な避妊・去勢された猫
健康な避妊・去勢されていない(比較的若い)成猫
肥満傾向のある猫
減量の必要な猫
妊娠期
授乳期
成長期
高齢猫

フード量の計算
(餌のカロリー量が明確な際)
フードg中に kcal  半角数字で

 


全て入力が終わったら「計算」を、書き直すときは「やり直し」を押してください。
ご使用中の飼料のカロリーデータを入力すればグラム数も計算されます。

引用:猫のカロリー計算

 

去勢・避妊後のキャットフードの選び方

去勢・避妊手術後は太りやすくなっています。

ただし、エネルギー源となる”動物性たんぱく質”は必要なので

  • 「低脂肪」
  • 「低カロリー」
  • 「高たんぱく」

のものを選ぶようにしましょう。

 

また、去勢後のオス猫は尿道が狭くなってしまうことから、「尿石症」を発症する確率が高いと言われています。

 

それと、便秘になりやすい猫の腸内環境を整えてあげることも大事です。

食べたものをしっかりと消化することで、太りにくい体になります。

 

そのため

  • 「下部尿路疾患をケアできる」
  • 「食物繊維が豊富」

 といったことも考えるとより良いですね。

 

中には手術後も食欲や食事量が以前と変わらない猫もいます。

その場合はフードを変える必要はないかもしれませんが、常に体の変化には気をつけておきましょう。

 

 

意識して運動させる、または運動するような環境をつくってあげる

猫じゃらしで遊ぶ猫のイラスト

去勢・避妊手術後、猫は”運動量が落ちる”ように思われます。

 

ただ運動量が落ちるというよりは、性格が

「おとなしくなる」

「穏やかになる」

といった方が正しいかもしれません。

 

私の家のオス猫の1匹はヤンチャでケンカっ早く、外に出ればどこかの猫とケンカしてくるような感じでいつの間にかその界隈のボス猫みたいになっていました(笑)

 

ところが去勢手術後は、多少のヤンチャは残っていたものの猫が変わったかのように穏やかな性格になりました。

 

その分運動量が減ってしまったと思われるので、そこからどんどん丸くなっていったのを覚えています。

 

去勢・避妊手術をしたことにより

「ごはんはよく食べるけど運動はしない」

となると、人間でも太っている人の典型的な生活ですよね。

 

意識して猫と遊ぶ時間をつくろう

普段外に出ている猫でもそんなに歩いて運動をしているとは限りません”

日当たりが良い場所、涼しくて過ごしやすい場所でくつろいでいる可能性が高いです。

 

お互いが家にいるときは

「意識して遊んであげ、運動する時間をつくるようにしましょう」

 

完全室内飼いの場合はキャットタワーなどを設置しよう

外に出ない完全室内飼いの猫の場合は、室内で運動をするようにしなければいけません。

 

しかし、あなたが遊んであげて減った運動量を補うのも限界があります

 

そこで、猫が普段生活しているスペースに「キャットタワー」や「キャットウォーク」などを設置しておき、自分で運動ができるような環境を整えてあげましょう。

 

猫には上下運動がいちばん良い運動になります。

そこで、キャットタワーを設置する際は猫が上がったときに部屋のすべてを見渡せないようにすることがポイントです。

 

上からすべてを見渡せてしまうと猫が退屈してしまいます。

家具や衝立などを上手く設置して、下りないとその場所を確認できないようなところをつくりましょう。

 

 

飼い主側が決してくじけない

決心した人のイラスト

最後は猫ではなく飼い主側のことになります。

猫には

 

「これ以上太らないようにしよう」

とか

「少しダイエットしようかな」

 

といった考えはありません。

 

なので、一度太ってしまうと

”ダイエットさせるのにとても苦労する”

ことになります。

 

そのため、普段から飼い主が健康、体重の管理を気をつけて行ってあげなければいけません。

 

しかし毎日やっていると、正直めんどくさくなることも...

なので、”自分で継続できる範囲、無理のない範囲でやっていく”ようにしましょう。

 

あまり無理してあれもこれもとやってしまうとストレスが溜まった挙句、”飼育放棄”といったことになってしまっては元も子もないですからね。

 

去勢・避妊手術はした方がいいの?

不思議に思っている人のイラスト

今まで解説してきたように「去勢・避妊手術をした後は太りやすくなる」といったような体質の変化などが見られるようになります。

 

では、そもそも去勢・避妊手術はした方がいいのでしょうか?

 

「ケガや病気をしていない体にメスを入れるようなことをして本当に猫のためになるのか?」

 

といった不安や疑問をもつ人も少なからずいることと思います。

ただ、私個人の結論としては「去勢・避妊手術はした方が良い」と思っています。

 

その理由として、去勢・避妊手術をすることによって得られる効果をいくつか紹介していきます。

 

病気を予防できる

去勢・避妊手術によって得られる効果としていちばん大きいのが

”病気を予防できる”

ということだと思います。

 

去勢・避妊手術をすることによって

オス猫の場合 : 精巣関連の病気、乳腺腫瘍(乳がん)

メス猫の場合 : 乳腺腫瘍(乳がん)、卵巣がん、子宮内膜炎、子宮蓄膿症

といった病気を予防することができます。

 

特に猫の場合、乳腺腫瘍になるとそのほとんどが悪性であるため、かかってしまうと命を落としてしまうことになりかねません。

 

乳腺腫瘍は最初の発情前に手術をしておけばかなりの確率で予防できると言われています。

 

 その他、猫がかかりやすい病気に関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

www.kuronekoaguri.com

 

精神的に落ち着く

私の家の猫でもそうだったのですが、オス猫に去勢手術をした後は見違えるように穏やかな性格になりました。

 

また、発情しなくなるので発情時の「アオ~ン」というような”大きな鳴き声”

濃縮したオシッコでマーキングする”スプレー行為”を防ぐこともできます。

 

加えて、完全室内飼いの猫では、

「交尾ができないのに発情だけを繰り返す」

といったことになりストレスを溜める原因になります。(完全室内飼いに限らず望まない妊娠は防ぐべきですが)

 

ストレスが溜まってしまうと他の病気になってしまう要因にもなりかねないので、そういった面でもメリットがあるのではないでしょうか。

 

望まない妊娠を防ぐ

去勢・避妊手術をすることによって、望まない妊娠を防ぐことができます。

 

完全室内飼いの猫ではあまりないかもしれませんが、外に出入り自由にしている場合はよその猫や野良猫と交尾をして子猫が生まれてしまうことがあるかもしれません。

 

世の中は猫好きの人ばかりではありません。中には猫が嫌いだという人もいます。

 

そういう人達にとって自分の家の周りや生活空間に野良猫などが増えることにいい顔をするはずがありません。

 

そのストレスから”猫に対する虐待”といった行為をされたり、行政に連絡、持ち込みをして”殺処分されたり”といった不幸に見舞われることも珍しくはないと思われます。

 

そういった不幸な末路をたどる猫を増やさないためにも去勢・避妊手術はした方が良いと思います。

 

まとめ

元気に走る猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は猫の去勢・避妊手術後に太らないための予防法を紹介、解説してみました。

 

この記事の内容をまとめると

  • 食事の量をコントロールして体重の維持に努める
  • 意識して遊ぶ時間をつくるなどして運動をさせてあげる
  • 飼い主側が決してくじけない
  • 去勢・避妊手術をすることで防げる病気がある
  • 去勢・避妊手術をすることで精神的に落ち着く
  • 望まない妊娠を防ぐことができる

といったところでしょうか。

猫に去勢・避妊手術をすることはメリットが多いですが、その後に太らないようにするためには私たち飼い主が気をつけて体重管理をしてあげなければいけません。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。