クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

子猫にあげるご飯ってどんなの?3つのポイントとおすすめフード5選

         ミルクを飲んでいる子猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

子猫って見ているだけでとっても癒されてしまいますよね。

猫ってだけでも十分カワイイのにあんなに小っちゃくてよちよち歩く姿を見るだけで

もうその日の疲れがすべて吹き飛んでしまうくらいです(笑)

 

 しかし、そんなに小っちゃいからこそ体はまだまだ弱いです

きちんとした栄養バランスのいい食事をしてスクスクと健康に育ってもらいたいものですよね。

 

だけど、今や子猫用のキャットフードもいろんなメーカー、いろんな種類があって

「どれを選んだらいいのか正直わかんない!」

と、キャットフードが陳列された棚の前でウンウン唸ってたことあるんじゃないでしょうか?

 

 そこで今回は

  • 子猫のキャットフードを選ぶときのポイント
  • 私個人の見解から選んだオススメのキャットフード5選

を解説、紹介させてもらおうかなと思います。

 

どんなことを意識してどんなものを買えばいいのか迷っているかたは参考にしてみてください。 

 

 

子猫のキャットフードを選ぶときのポイント

ルーペでのぞき込む猫のイラスト

子猫は生まれてから生後30日頃まではおかあさん猫の母乳だけで育ちます。

 

そこから離乳食をあげ始め、徐々に子猫用のキャットフードへと変えていきます。

最初のうちはなかなか食べてくれないかもしれませんが、キャットフードをぬるま湯かペット用ミルクでふやかすなどして少しずつ食べさせていくようにしましょう。

 

子猫のキャットフードを選ぶときのポイントですが

  • 高カロリー、高たんぱく、高脂質
  • 肉や魚などの動物性食材が主原料
  • 炭水化物がそれほど多くない

と、できればこの3つを意識して選ぶのがいいと思います。

 

高カロリー、高たんぱく、高脂質

子猫の期間(0歳~1歳)がいちばん体が大きく成長する期間なのでエネルギー源となるたんぱく質をしっかりと摂ることが重要になってきます。

 

そこでキャットフードのパッケージを確認してたんぱく質が最低でも30%以上はあるものを選びましょう。

 

また、体を成長させるために子猫の期間は成猫の2倍~3倍のエネルギーが必要になりますが、まだまだ体の小さい子猫はキャットフードをたくさん食べることができません。

 

なので、できるだけ高カロリーのものを選び、少ないごはんでも必要な栄養を十分に摂り込めるようにしてあげましょう。

 

脂質消化吸収を助け、猫の臓器や筋肉を動かすエネルギー源となっています。

また、脂質が不足してしまうと皮膚や毛、脳などに悪影響があることもあるのでこちらも高脂質、できれば20%くらいはあるものを選ぶといいでしょう。

 

肉や魚などの動物性食材が主原料

猫には必ず毎日のごはんから摂らなければならない栄養素があります。

 

それが「タウリン」です。

 

このタウリンという栄養素は動物性の食材には多く含まれているのですが、植物性の食材にはほとんど含まれていないのです。

 

猫はタウリンが不足してしまうと視力障害や心臓の病気などを発症してしまうのでなるべく肉や魚などの動物性食材が主原料のキャットフードを選ぶようにしましょう。

 

炭水化物がそれほど多くない

猫のエネルギー源はたんぱく質や脂質だと先ほど述べましたね。

 

なので猫には炭水化物はもともと必要のない栄養素なのです。

さらに、40%以上の炭水化物は下痢や嘔吐などの消化機能の低下や高血糖を引き起こすことがあるようです。

 

それでも完全に不要というわけでもないので少しは摂った方がいいとは思います。

 

しかし、子猫の場合はまだまだ消化機能が発達してないのでできるだけ炭水化物の少ないキャットフードの方がいいでしょう。

 

オススメの子猫用キャットフード5選

サラリーマンの恰好をした猫のイラスト

 上であげた子猫用のキャットフードを選ぶときのポイントから考えると

  • たんぱく質は30%以上で脂質は20%くらいかつ高カロリー
  • 肉や魚などの動物性食材が主原料で炭水化物ができるだけ少ない

というのが子猫用キャットフードの理想的なものということになりますね。

なかなかすべてが当てはまるようなキャットフードはないかもしれませんが私個人の見解でオススメするキャットフードを5つほど選ばせていただきました。

 

子猫用キャットフードを買うときの参考にしてみてください。

 

ピュリナワン 1歳までの子ねこ用

まず1つ目は「ピュリナワン 1歳までの子ねこ用」です。

たんぱく質が40%以上と非常に高く、脂質も18%以上含まれていて申し分ない配合だと思います。

 

原材料にも新鮮なチキンを使っているということで食いつきもよく良質なたんぱく質が摂れるようになっています。

 

また、550gずつ個包装になっているので計量する手間も省けて楽なうえ 価格も2㎏で1600円くらい(1㎏800円くらい)となっているのでとてもお手頃です。

 

銀のスプーン 三ツ星グルメ 健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月) お魚レシピ 240g

 続いて紹介するのは「銀のスプーン 三ツ星グルメ 健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月お魚レシピ)」です。

 

こちらもたんぱく質が30%以上で脂質も16%以上となっています。

 

原材料にまぐろ、かつお節、煮干し、白身魚、しらすを使ったお魚レシピで食いつきもよく、ミルク入りとなっているのでドライフードが初めてでも食べやすいようになっています。

 

20gずつで12袋の小分けになっているので計量の手間も省け、保存にも便利です。

 

Orijen(オリジン) キャットフード キャット&キトゥン 340g

次に紹介するのは「Orijien(オリジン) キャットフード キャット&キトゥン」です。

 

これは、たんぱく質40%以上もあり、脂質も20%以上とたんぱく質と脂質の量は申し分ないです。

 

原材料に放し飼いの鶏や七面鳥、自然の海でとれた魚を使っていてとても新鮮な肉で作られています。

パッケージに書かれている原材料を見たときほぼすべてに「新鮮○○」と書かれていたのを見て少し笑ってしまったほどでした。

 

ただ、それだけ新鮮で良質だという自信の表れだと思います。

 

このキャットフードは全年齢対応となっているので、成猫になってもあげ続けることができるため買い替える必要がありません。

 

 ヒルズ サイエンス・ダイエット キャットフード キトン 1歳まで 健康的な発育をサポート チキン 子猫/妊娠・授乳期 1.8kg

次に紹介するのは「ヒルズ サイエンス・ダイエット キャットフード キトン 1歳まで健康的な発育をサポート 子猫/妊娠・授乳期」です。

 

こちらはたんぱく質35%以上あり、脂質が21.5%以上と紹介した中でいちばん脂質の量が多くなっています。

 

またタウリンを十分に含んでいるので心臓と眼の健康維持をしっかりサポートしてくれます。

 

味はチキンを紹介してますが、他にまぐろもありますので飼っている猫の好みに応じて選ぶことができます。

 

ニュートロ ナチュラルチョイス キャット 室内猫用 キトン チキン 2㎏

最後に紹介するのは「ニュートロ ナチュラルチョイス キャット 室内猫用 キトン チキン」です。

 

こちらもたんぱく質36%以上、脂質19%以上と高たんぱく、高脂質のキャットフードとなっています。

 

原材料に厳しい検査基準をクリアした新鮮なチキン生肉と乾燥チキンを使っているので良質なたんぱく質が豊富に摂ることができます。

 

また、今回紹介した中で唯一の室内猫用となっていて、室内で生活をし運動不足になりがちな猫に合わせた最適な栄養バランスになっているそうです。

 

 まとめ

寝ている人の上に乗る猫のイラスト

 いかがだったでしょうか。

今回は子猫の期間のオススメしたいキャットフードを私なりにまとめさせていただきました。

他にもまだまだいろんなキャットフードがありますので飼っている猫の好みに合わせて最適なものを選んであげてください

 

この記事の内容をまとめるとするならば、子猫の期間のキャットフードは

  • 高カロリー、高たんぱく、高脂質であること
  • 肉や魚など動物性食材が主原料であること
  • 炭水化物がそれほど多くないこと

を意識して選ぶことが重要ということです。

 

 それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。