クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫に首輪っている?首輪の必要性と選び方やつけ方で重視するポイント

             首輪をした猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

この記事ではこんなことに触れています。

  • 猫の首輪の必要性と首輪の選び方からつけるときに気をつけることについて

 

あなたは

「猫に首輪をつける派ですか?つけない派ですか?」

 

犬と違って散歩に連れて行く必要がない猫

最近では完全室内飼いをしているところも多く、猫に首輪をする必要性を感じないのも当然かもしれません。

 

しかし、

「猫に首輪をする必要性」はないかもしれませんが、

「猫に首輪をする意味」はあるんです。

 

その”意味”を知ることで、首輪に対しての認識をもう一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

ということで今回は

  • 「猫に首輪」っている?いらない?
  • 何を基準に選ぶ?猫に合った首輪の選び方
  • ちょっと待って!首輪をつけるときのポイント

について解説させていただこうかなと思います。

ちなみに、ウチでは猫に首輪をつける派です。

虹の橋を渡った猫がつけていたものも大事に形見として手元においていますよ。

 

「猫に首輪」っている?いらない?

首輪をつけるか迷う人のイラスト

そもそも

「猫に首輪をすること自体、必要なことなのかそうではないのか?」

と聞かれたら、

「それは飼い主の自由じゃないの?」

と言わざるを得ません。

 

ただ、自分個人の意見としては

「首輪は必要じゃなくてもしておくべき」

だと考えています。

最低でも首輪をつけることに慣れさせておくことは必要でしょう。

 

首輪の本来の意味って?

考える人のイラスト

猫は犬のように散歩をする必要がなく、完全室内飼いであれば首輪をしても意味は無いと思うのも当然かもしれません。

ただ、首輪をする本来の意味を考えてください。

首輪は

「その猫が自分の家の猫であることの証明」

なんです。

 

「室内飼いだからそんな証明する必要ない」

と思うでしょう。

確かに普段はそうかもしれませんが、

”脱走”や”災害”など「もしも」の事態が起こってしまったとき、どうします?

 

何もつけていないあなたの家の猫、

外に出てしまうと周りの人たちからは野良猫と区別はつきません。

 

誰もさほど気に留めないでしょうし、野良猫より警戒心が薄いため心もとない人からの虐待を受ける可能性も高くなるでしょう。

 

それに災害などで避難所生活を余儀なくされた場合、避難所によって違うかもしれませんが、多くのところは

「首輪とリードの装着は必須」

となっているはずです。

 

たまに

「つける必要のない首輪を猫にわざわざつけるのはかわいそう」

と言っている人もいますが、

「もしも」の事態が起きてしまったとき、首輪をつけていなかったために起こるかもしれないことを想像すると...どちらがかわいそうか分かりますよね?

 

◆あわせて参考にしてみてください◆

 

何を基準に選ぶ?猫に合った首輪の選び方

ルーペでのぞき込む猫のイラスト

「猫に首輪はつけた方が良い」

とは言いましたが、適当に何でもいいというわけではありません。

 

猫に身につけてもらう以上、少しでも”つけていて負担にならないもの”を選んであげたいところです。

 

そこで次に「猫の首輪を選ぶときに重視すること」を解説していこうかなと思います。

 

ストレスにならないようなるべく軽いものが望ましい

天秤のイラスト

猫だけじゃなく、首に重いものがついていたら違和感から気になってしょうがないですよね。

 

猫は普段から毛づくろいなどであっちを向いたりこっちを向いたりしているので、首周りの筋肉に負担がかかっています。

しかも四足歩行なので首が地面と平行になるため、

重い首輪をつけてしまうと首への負担が大きく、ストレスになってしまいます。

 

そんなストレスになるような重い首輪はなるべく避け、できるだけ軽い首輪を選んであげるようにしましょう。

 

事故を防ぐため「セーフティ機能」のついたものを

安心している猫のイラスト

猫は狭いところを通り抜けたり、いろんなところにニオイつけのすりすりをするので首輪が引っかかったりすることが意外とあります。

 

ウチの猫も、外に出て首輪がなくなって帰ってきたことなんかは数えきれないくらいです。

 

そんな引っかけることが多い猫ですから、首輪に一定の力が加わったときに外れるようになっている

「セーフティ機能」がついたものを選ぶのは必須

です。

 

ちょっと引っかけた程度の事故が窒息などの大事故になってしまわないようセーフティ機能の有る無しはしっかりと確認してから選ぶようにしましょう。

 

首輪の素材にも気を配っておこう

首輪のイラスト

首輪の素材には

  • ナイロン

など

いろんなものがあります。

しかし、猫によっては素材が肌に合わずに

  • 「肌荒れ」
  • 「首周りの毛が抜けてしまう」

といったことになる場合があります。

 

つけてみないと猫に合っているかどうかはわかりませんが、初めてつけた素材のものは皮膚や毛に異常が出てないかを常に気をつけておいてあげましょう。

 

ちょっと待って!首輪をつけるときのポイント

猫の博士のイラスト

首輪をつけるときは安全のことを考えて気をつけておかなければいけないことがあります。

たとえ飼っている猫にピッタリの首輪を選んだとしても、つけ方が適当ではどんな首輪もストレスになるだけですので気をつけましょう。

 

首輪をつけるときは締めすぎず余裕を持たせよう

初めて首輪をつけたときには、人間のベルトのように少しキュッと締めてしまいがちになりますが、それでは猫も違和感があり苦しいと感じてしまいます。

 

猫の首輪はつけたときに

  • 短毛種であれば指1~2本
  • 長毛種であれば指2~3本

が入るくらいに余裕を持たせるようにしてあげましょう。

 

「そんなに緩めて抜けたりしないの?」

と思うかもしれませんが、猫の首って毛に覆われているので見た目にはそう感じませんが、実際に触ってみると首周りだけ意外と細くなっています。

 

そのため、首のサイズに合わせて少し余裕を持たせるくらいでちょうどいいです。

ウチの猫なんかは首元をバリバリ掻いているときに首輪が一緒にクルクル回っているくらいですからね(笑)

 

ただし、緩めすぎにも注意が必要です。

あまりゆるいと

「首元を掻くときに足が挟まる」

「毛づくろいをするときに猿ぐつわ状態になる」

といったことになる場合もあります。

 

首輪を見たときにどうしても「ベルト」の感じを受けてしまいますが、猫の”首輪”なので「ネックレス」の感覚でつけてあげることを意識するようにしましょう。

 

イヤがる場合にはムリをせず、慣れることから始めよう

「保護された元野良猫」など、猫によっては首輪をつけたときの違和感などからイヤがって頭をブンブン振ったり、しきりに首元を掻いてしまうことがあります。

 

そんな場合にはムリしてつけることはせず、

まずは、「首に何かを巻く」ということから慣れてもらうようにしましょう。

 

最初は軽くて違和感の少ない「リボン」など布状のものをつけてみる

        

慣れてきたら短い時間首輪をつけて様子を見る

※鈴やチャームを気にするようなら外してあげる

        

首輪をつけている時間を徐々に長くしていく

        

慣れて首輪が気にならなくなる

といった流れでやると良いと思います。

 

ただ、ここで重要なのは猫に何かを覚えてもらうときすべてに当てはまることですが

「○○=楽しいこと」

と思ってもらうことです。

今回の場合は

「首輪をつける=楽しいこと」

と思ってもらうということですね。

 

具体的には

  • 首輪をつけたときにおやつをあげる
  • 首輪をつけたときに思いっ切り褒めてあげる

といったことでしょうか。

 

猫は自分がイヤだと思うことはしません!徹底的にしません!!

なので

「これをやると良いことがあるんだな」

と思ってもらうのが首輪に慣れるいちばん重要なポイントになります。

 

まとめ

猫を抱っこしている人のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は「猫の首輪の必要性と首輪の選び方からつけるときの注意点」について解説させていただきました。

 

今回の内容をまとめると

  • 猫に首輪をするのは必ずしも必要ではないが、いろんなことを考えるとつける方が良いと思われる
  • 猫の首輪を選ぶときには「軽さ」「安全性」「素材」といったことを意識して選ぶといい
  • 猫に首輪をつけるときは「余裕を持たせる」「イヤがるなら慣れることから始める」といったことに注意する

といった感じでしょうか。

どうしてもイヤがるのをムリにとは言いませんが、できるなら首輪はつけておいた方が良いということですね。

 

まあ、メリット・デメリットそれなりにありますが、ひとつ言えることは

首輪をつけた猫はやっぱり可愛い!

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になれば幸いです。