クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫が出す「カカカッ」!クラッキングという特殊な鳴き声の意味とは?

          猫が出すクラッキングのイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

この記事ではこんなことに触れています。

  • 猫がカカカッと鳴くクラッキングというものとは?
  • 猫がクラッキングをする意味

 

 

あなたは

「猫が出す奇妙な鳴き声を聞いたことありますか?」

 

それは猫が出す鳴き声の中でも特殊な鳴き声のひとつ

「クラッキング」

というものかもしれません。

 

ちなみに猫が出す他の鳴き声に関してはこちらを参考にしてみてください。

 

初めて聞いたときには

「えっ?何?なに??ナニ???」

ほぼ100%の方がビックリすると思います。

 

そんな特殊すぎる鳴き声、どんなときに使い、どんな意味があるのか

気になりますよね?

 

ということで今回は

  • そもそも「クラッキング」って何?
  • クラッキングには何の意味があるの?
  • 飼い主に向けてクラッキングをすることも?

について解説させていただこうかなと思います。

クラッキングを知ればドヤ顔で猫の知識を語れることようになることでしょう(笑)

 

そもそも「クラッキング」って何?

不思議に思っている人のイラスト

 「クラッキング」

ベテランの猫飼いさん以外には聞きなれない言葉だと思いますが、

これは猫の特殊な行動のひとつで

「カカカッ」

と、おもに室内飼いの猫が窓の外にエモノを見つけたときにする鳴き声のことです。

 

クラッキングとは日本での言い方で英語では

”猫がカンタンなおしゃべりをしている”という意味で

「チャタリング(chattering)」

と呼ばれています。

 

猫しか出せない謎多き鳴き声

クラッキングは同じネコ科の動物である「ライオン」や「トラ」には出せません。

 

猫特有の鳴き声なのですが、猫の中でも主に室内飼いの猫が出すことが多く

野良猫など外で生活したことがある場合にはあまり見かけません。

 

出す声にも猫それぞれの特徴があり

  • 「カカカッと鳴く」
  • 「ケケケッと鳴く」
  • 「歯をカチカチ鳴らす」
  • 「ニャニャニャと声が漏れる」
  • 「口が小刻みに動くだけ」

といったパターンがあるようです。

中には、「出そうとするけど上手に出せない」猫もいるとか(笑)

 

いずれにしても飼っている猫が急に聞いたこともない鳴き声で小刻みに鳴くので、

初めて見たときには

「ケイレン?何かの病気じゃないだろうか?」

と心配になる方が多いようですが、健康には何も心配はいりません。

 

むしろ”エモノを見つけて反応している”ので元気な証拠だと思います。

 

クラッキングには何の意味があるの?

クラッキングの意味がわからないイラスト

では、猫は何の意味があってあんなに変な声で鳴いてしまうのでしょうか。

ハッキリとした理由や意味は解明されていないようですが今のところ考えられているのは

  • エモノを捕まえることができないもどかしさを表している
  • 本能的に漏れている声で狩りをする気持ちを鼓舞している
  • 鳥などの鳴き声をマネしている

 といったことです。

 

 ひとつずつ詳しく解説していきますので、どれが最も適した意味か考えてみてください。

 

エモノを捕まえることができないもどかしさを表している

もどかしい猫のイラスト

猫がクラッキングをするときはおもに

「窓の向こうに鳥や虫などのエモノを発見したとき」

です。

他にも

「レーザーポインターの光などが猫が届かない壁や天井にある」

といったときでも出すことがあるようです。

 

これらは

「エモノがいるのに窓があるから手を出すことができない」

「何か興味を引くものがあるのに手が届かない」

といった

 

”狩りをしたい”欲求が高まっているのにどうしようもできない

 

 状況です。

そのもどかしさを「カカカッ」という鳴き声で表現していると言われています。

 

人間でも普段何気なくやっているクセなどを指摘され止めるよう言われたとき

やりたい衝動とやっちゃいけないもどかしさがぶつかりあって

「ア"ーーーーーーーッ!」

とか変な声出したくなってしまうことがありますよね?

多分ですがそれと同じようなことだと思います。

 

また、捕まえれる状況であるなら鳴く前にとびかかっているでしょうからね。

ライオンやトラなどが出せないのも

「エモノを目の前にして鳴いていたら気づかれて逃げられる」

からそうなっていったと言われているようです。

 

人間でも追いかけるときに

「見つけた!待てーーー!」

って言いながら追いかける人...なかなかいませんもんね(笑)

 

本能的に漏れている声で狩りをする気持ちを鼓舞している

気持ちが燃えている猫のイラスト

こちらはもっと前向きな理由になりますね。

猫がクラッキングをするのは鳥や虫などの”エモノ”となるものが対象になっているようです。

他の猫など”敵”となる対象の場合は「シャーッ!」の威嚇をするようになります。

 

猫は狩猟動物です。

室内飼いになって狩りをすることがなくなっても、鳥などのエモノとなる対象を見つけると本能が騒いで気持ちが高ぶってきます。

 

その興奮して高ぶってきた気持ちをもっと高め

「やるぞ!やるぞ!!」

という感じで自分を鼓舞する気持ちが「カカカッ」という声になって漏れているということのようです。

 

人間でも「ここだ!」というときにフルパワーを出そうとすると

「うあぁぁぁーーーーっ!」

といった声を出してしまいますよね(ハンマー投げなどの投擲競技でよく見ます)

 

鳥などの鳴き声をマネしている

鳥のマネをして歌う猫のイラスト

この理由は他のとはかけ離れたことになりますが、

 

アマゾンの方では

「山猫がエモノとしている猿の鳴き声をマネしていた」

という研究報告例があるそうです。

 

ちょっと考えにくいしれませんが「カカカッ」と鳴くことで

「鳥だよー、仲間だよー、敵じゃないよー」

と油断させようとしているということでしょうか。

 

実際に”猫のクラッキングの音と鳥のさえずりは波長が合っている”らしいので完全に無いとは言い切れないのかもしれません。

 

人間でいうところの隠れながらの尾行中に

私:「ガサッ(しまった!)」

男:「誰だ!誰かいるのか!?」

私:「にゃ~お」

男:「何だ、猫か」

といったコントみたいなことを猫が真剣にやっていると思うとなんだか可愛らしいですね(笑)

 

飼い主に向けてクラッキングをすることも?

飼い主にクラッキングする猫のイラスト

猫がクラッキングをするのは

エモノとなる対象のものを見つけたとき

と言いました。

 

それを飼い主である自分に向けてする。

猫が”自分をエモノと見ている”ということ?

 

確かに「毎日ごはんをくれる人」ですから

あながち間違いじゃない気もするけど...まさか...ねえ。

 

安心してください!

猫があなたに向けてクラッキングをしていた場合、そこにはまた違う意味があるんです。

 

あなたを信頼して不安や緊張を伝えている

クラッキングをするのは室内飼いの猫が多いと言いましたが、

子猫のころから室内で飼われている猫は外の世界を何も知りませんよね。

 

鳥が飛んできたときも大きさなどから

「敵ではなくエモノ」

と本能的に感じているかもしれませんが、それ自体は何なのかわからない

”得体のしれないもの”

なんです。

そんなものが飛んできたら少なからず「不安」「緊張」といった気持ちが出ますよね。

 

そのため

「エモノだと思うんだけど、何これ?危険なものかもしれないよ?」

という気持ちを伝えているんだと思います。

 

また、大人になった猫同士が鳴き声でコミュニケーションをとることはほとんどありません。

猫が鳴き声でコミュニケーションをとるのは

  • 「子猫と母猫」
  • 「小さいころから一緒にいる兄弟・姉妹の猫」

など、すごく近い関係にある猫だけです。

 

そんな行動を特殊な鳴き声とはいえあなたにするということは

「子猫が母猫に甘えるくらいにあなたを信頼している」

ということになります。

 

何かを要求している

初めてクラッキングを見たときビックリしたと思います。

そのとき病気か何かなのかと思い

 

「いつも以上に撫でてあげたり、おやつをあげたりしませんでしたか?」

 

猫からすれば思いがけずあなたからの反応がよく良いことがあったため

「クラッキングすればかまってもらえる(二ヤリ)」

と思ってしまったのかもしれません。

 

こんな場合は自分の要求が通るまでクラッキングを止めないかもしれません。

クラッキング自体は体の異常でもなんでもないので、鳴き始めても過剰に反応せずそっと見守ってあげるようにしましょう。

 

まとめ

自転車に乗る猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は猫の特殊な鳴き声「クラッキング」についてどんなものか、どんな意味か、などを解説させていただきました。 

 

今回の内容をまとめると

  • クラッキングとは猫が「カカカッ」と出す特殊な鳴き声のこと
  • クラッキングは猫特有のものでライオンやトラなどは出せない
  • クラッキングをする意味は「エモノを捕まえられないもどかしさ」「狩りしたい気持ちを鼓舞している」「鳥などの鳴き声をマネしている」など考えられているがハッキリと解明されていない
  • 飼い主にクラッキングをするときは「信頼」や「要求」の意味がある

といったところでしょうか。

今だ謎多き鳴き声でもある「クラッキング」

まだ何か他の意味も込められているのかもしれませんね。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。