クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫を飼ってる方に心強い「ニャッチング」の預ける方法を詳しく解説

          キャリーケースで猫を運んでいる人のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

みなさん、ニャッチングというwebサービスを知っていますか? 

 

猫の飼い主さん同士を繋げて、

「旅行や出張といった家を空けなければいけないときに猫を預かったり、預かってもらったり」

といったことや

「普段あまり出会うことのない飼い主さん同士を繋げて、猫友のコミュニティをつくったり」

といったことがコンセプトのwebサービスです。

 

ニャッチングの概要はこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

猫を飼っている方の救世主!ニャッチングで他の飼い主さんと繋がろう

 

その中でメインとなっているのが「猫を飼い主さん同士で預けたり、預かったりする」ことです。

 

そうは言ってもどういった経緯で知り合い、どのようにして預けたり預かったりするのかいまいちピンとこないですよね。

 

そこで今回は

  • ニャッチングを使って猫を預かってもらう方法
  • 何かトラブルがあった場合

について詳しく紹介と解説をさせていただこうと思います。

いざというときの助け合える猫仲間をどんどんつくっていきましょう。

 

 

ニャッチングを使って猫を預かってもらう方法

お辞儀をする猫のイラスト

ニャッチングを使って預かってもらうにはいろいろやることがあります。

お世話をお願いする立場なのできちんと準備をしておきましょう。

 

ニャッチングを使って猫を預かってもらうには

まずは「お世話依頼」を出そう。

     

応募がない場合は「人から探す」で探してみよう。

     

応募があったり、お願いできそうな方をみつけたらメッセージを送ってお世話の内容などを確認しよう。

(ワクチン接種の有無、去勢の有無は必ず確認しよう)

     

正式に依頼をする前に必ず事前面談をしてお互いが信頼できるか確認しよう。

(基本はお世話に来てもらうようになるが、猫を預ける場合は一度連れて行ってみた方がいいかも ※預ける場合はケージが必要です)

     

事前面談が終わり、お互いが信頼できると思ったら「お世話ノート」を書いて

「正式依頼」を出そう。

(正式依頼はメッセージ左下のカレンダーアイコンからできます)

     

お相手から「承認」を受けたらお世話の予定が確定です。

     

お世話当日は、「ごはん」「トイレ」「ケージ」「病院の診察券」などの必要なものをきちんと用意してお世話してもらう方に迷惑がかからないようにしよう。

(お世話してもらう方からメッセージが来たら必ず返事をしよう)

     

お世話が終わったらお互いにレビューを書いてお世話は完了です。

といった流れになります。

詳しく解説をしていきましょう。

 

お世話依頼を出そう

まずはお世話をしてくれる方を探しましょう。

 

「お世話依頼」を出してお世話をしてくれる方を募集します。

ニャッチング上ですでに猫友がいる場合はその方に直接メッセージを出して依頼してもいいです。

 

応募がなかったり、まだ猫友がいない場合はお世話をしてもらえそうな方を探しましょう。

「お世話」のメニューから「お世話がかり」を選ぶと”猫のお世話をしてもいい”という飼い主さんが表示されます。(資格証明書が承認されたプロのペットシッターさんも表示されます)

 

この時の表示の仕方は登録されている郵便番号をもとに、あなたの家から近い飼い主さんの順に表示されるようになっています。

(郵便番号のみから表示しているので住所はわからないようになっています)

 

また、検索する場合には、「絞り込み」を使うと、距離や猫の種類、飼い主さんの性別などで絞り込んで表示することもできます。

 

お世話してもらいたい方にメッセージを送ろう

応募があったり、お世話してもらいたい方がみつかったら、メッセージを送ってお世話をお願いしましょう。

 

メッセージの送り方は、飼い主さんのプロフィール画面下「話かけてみる」というボタンがありますのでそれを押しましょう。

 

ポップアップが表示された後、お世話の際の注意点が表示されます。

大事なことが書かれているので必ず目を通すようにしましょう。

 

注意点を確認後、メッセージ画面が表示されるので、メッセージを送ってみましょう。

まずは自己紹介などから始めて飼い主さんとメッセージのやり取りを楽しんでみてください。

 

その後、お世話をしてもらえるようなら、詳しいお世話の内容の確認を行い、事前面談をする日を決めましょう。

 

事前面談をしよう

事前面談をする日を決めたら直接会って面談をしましょう。

 

会う場所は、自分の家か両方の家から近いカフェなどがいいでしょう。

猫を連れて行って預かってもらう場合は、お世話してもらう方の家がいいかもしれません。

一緒に猫も連れていき、慣れさせておいたほうがお世話もしやすくなりますしね。

 

面談前か面談中に「お世話ノート」を作ってお世話してもらう内容を細かくしっかりと話し合いましょう。

 

例えば

  • 猫の性格
  • ごはんやトイレ、猫砂などの置いてある場所
  • ごはんや水の量(ごはんは1回分を作って小分けにしておくといいでしょう)
  • トイレの掃除の仕方(汚れた砂の捨て場所など)
  • 室温や明かりなどの生活環境に関すること
  • ワクチン接種の有無、去勢の有無、病気の有無(連れて行って預かってもらう場合)
  • かかりつけの動物病院

といったことなどです。

その他、気をつけてもらいたいことや、こうしてほしいということなどをきちんと伝えておきましょう。

 

ペットシッターさんに依頼する場合は提示額を払えばいいですが、他の飼い主さんに依頼する場合は謝礼や交通費などのこともきちんと話しておきましょう。

 

正式依頼を出そう

事前面談も無事終わり、お互いが信頼できたうえでお世話の内容を確認したら

「正式依頼」を出しましょう。

 

正式依頼はメッセージ画面の左下に表示されている「カレンダーマーク」をクリックすることでお世話を依頼する画面へいきます。

 

そこから日付を決めて正式依頼を出しましょう。

 

ただし、「お世話ノート」が作られていないと正式依頼ができないので事前面談までで作っておくようにしましょう。

お世話ノートは「マイページ」から事前に作っておくこともできます。

 

正式依頼を出して相手側が承認すれば成立です。

(正式依頼は両方の準備もあるので余裕を持って出すようにしましょう)

 

お世話当日になったら

お世話当日になったら自宅に来てもらう、または猫を相手の家に連れていきお世話をしてもらいましょう。

 

事前面談で話し合ったり、お世話ノートに書いてあることを確認してもらっておきましょう。

また、その日の猫の体調などもしっかり伝えておきましょう。

 

お世話されている方からレポートやメッセージが来たら必ず返事をするようにしましょう。

 

猫を相手の家に預けてお世話をしてもらう場合は必ずキャリーケースに入れて猫にはハーネスをつけておきましょう。

 

お世話をしてもらう日数分のごはんやトイレと替えの猫砂など必要なものはすべてこちらで用意して持っていきましょう。

(基本的にお世話してもらう方に用意はさせないように)

 

レビューを書こう

お世話が終了し、最後のレポートが送られてくるとメッセージ画面からレビューを送ることができるようになります。

 

レビューは3段階の評価とコメントを記入するようになります。

 

また、謝礼や交通費などの実費はお世話終了後に渡すようにしましょう。

(実費はお世話に来てもらう前に渡しても問題ありません)

 

何かトラブルがあった場合

驚いている猫のイラスト

 万が一、何かトラブルがあった場合は猫のことについてはニャッチング専属ペットシッターに相談することができます。

 

その他、飼い主さん同士でのトラブル(お世話してもらう方と連絡が取れなくなったなど)はnyansのLINE公式アカウントで受け付けています。

 

受付対応 10:00~18:00 平日、土日、祝日含む

 

まとめ

あくびをしている猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回はニャッチングの猫をお世話してもらう方法を紹介、解説させていただきました。

この記事の内容をまとめると

  • まずはお世話依頼を出しお世話してもらえる方を募集する
  • メッセージを送ってお相手に直接依頼することも可能
  • メッセージで内容を確認後、事前面談でさらに細かく話をする
  • 猫を相手の家に連れていく場合は必要なものはすべて自分で準備する
  • お世話が終了したらレビューを送る
  • 謝礼はお世話終了後に渡す
  • トラブルがあった場合は運営へ連絡する

といったところでしょうか。

猫も自分も安心してお世話してもらえるように、お世話の依頼を出すときはできる限りのことをやっておくようにしましょう。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。