クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

このマンガ、知ってます?

※本ブログはアフィリエイト等により収益を得ています

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

12月に入って、どんどん冬らしく寒い日が続くようになってきましたね。

コロナに感染してしまった方が日々増えていくので、とても心配です。

 

ウチの「あぐりさん」は家の中で少しでも暖かいところを探して昼寝をしています。

 猫って夏には涼しい場所、冬には暖かい場所をみつける天才ですよね。

寝てる猫の写真

黒猫は寝てると、どこに何があるかよくわかりませんね(笑)

 

話は変わりまして

最近、家に置いてあったマンガで「これ、おもしろいな~」と思うマンガをみつけました。

知っている方もいると思いますが

 「キミと話がしたいのだ。」というマンガです。

 

作者は「オザキミカ」さんという方で、「イースト・プレス」から発行されています。

 

猫の言葉がわかる青年「しんのすけ」と飼い猫の「くま」のなにげない日常を描いた

内容なんですが、なんというか...とてもほっこりするような感じになるんです。 

 

他の猫マンガでは普通、猫は自由気ままで気分屋という感じで描かれることが多いですが、このマンガの猫「くま」は話をするときは全部敬語でしゃべり、飼い主のしんのすけに気をつかって生活している感じです。

 

「しんのすけさん、シャケの皮ください」

 

このセリフにほのぼのとしたかわいらしさを感じて、ハマってしまいました(笑)

 

初版は2012年3月なので、知るまでにずいぶんの月日が経ってますが、現在7巻まで発売されています。

今月(2020年12月)には8巻が発売される予定なので、とても楽しみです。

 

 興味を持たれた方は、ぜひ一度読んでみてください。