クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫のカリカリレビュー【ヒルズのプリスプリクション・ダイエット 腸内バイオーム 繊維/消化ケア】

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

猫のカリカリ、いろんなメーカーからいろんな種類のものが出ていると思います。

その中から、自分が飼っている猫の好みや状態に合わせて、いろいろ試したことでしょう。

 

ウチの猫「あぐりさん」もまだ若いころはさほど気にしなかったのですが、シニア時期も過ぎハイシニア(現在14歳)の時期に入ってから、やっぱり消化器系が弱りだしたのか、カリカリを食べた後に吐き戻してしまうことが多くなりました。

 

食べても吐いてしまってはすぐお腹も空くし、吐いたものを掃除するのも手間がかかるということでかかりつけの動物病院の先生に相談したところすすめられたのがこちらです。

カリカリの写真1カリカリの写真3

「ヒルズのプリスプリクション・ダイエット 腸内バイオーム 繊維/消化ケア」

こちらのカリカリ、「獣医師専用の特別療法食」なっているので、食べさせる際には獣医師の先生に相談し、指示に従ってください。

 

歴史ある「ヒルズ」のドライフードということと、獣医師専用ということで安全性は問題なしです。

 

見た目はこんな感じです。

カリカリの写真2

 

 

原材料や栄養素は以下のようになっています。 

原材料

トリ肉(チキン、ターキー)、コーングルテン、動物性油脂、米、トウモロコシ、小麦、ピーカンナッツ殻パウダー、セルロース、ビートパルプ、チキンエキス、亜麻仁、大麦、オート麦、柑橘類、魚油、植物性油脂、クランベリー、カボチャ、フラクトオリゴ糖、サイリウム、

ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)

乳酸、ビタミン類(A、B₁、B₂、B₆、B₁₂、C、D₃、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)

アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)

酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

 

栄養素

たんぱく質 32.0%以上

脂質 15.0%以上

粗繊維 6.5%以上

灰分 7.0%以上

水分 7.5%以下

カルシウム 0.81%

リン 0.7%

ナトリウム 0.30%

マグネシウム 0.079%

DHA 0.149%

EPA 0.220%

オメガ-3脂肪酸 1.05%

 

代謝エネルギーは100gあたり379kcalとなっています。

 

値段の方は特別療法食ということで4,000円くらいと少し高くなっていますが、

こちらに変えてから吐き戻しをすることは完全にはなくなってはいませんが、回数は大分減りましたので、効果はきちんと出ているのだと思います。

 

食いつきも以前と変わらず食べてくれるので、その辺も問題ありません。

 

高齢になった猫や、消化器系が弱いような猫を飼っている方、興味があったらかかりつけの動物病院で聞いてみてください。