クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫の予防接種にかかる費用はどのくらい?種類別の料金を詳しく解説

         猫が注射を受けているイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

「猫の予防接種っていくら払えばいいんだろう?」

 

猫の予防接種を初めてするときに必ず考えてしまうことだと思います。

また、何回か予防接種をしている方でも

 

「うちはいつも同じ種類の予防接種だけどこっちにしたらどのくらいになるんだろう?」

 

って考えることもあるでしょう。

 

そこで今回は

  • 猫の予防接種にかかる費用はどのくらい?
  • 予防接種による副作用の危険は?

ということを解説させていただこうかなと思います。

値段が気になって、予防接種を受けさせるのをためらってしまうなんてばからしいですもんね。

 

猫の予防接種にかかる費用はどのくらい?

お金を払う人のイラスト

猫の予防接種は予防する病気の数や動物病院によって値段が変わっていきます。

また、”病気”ではなく”病気の予防”ということで保険の対象外になっているところが多いです。

 

受けれる予防接種としては次の5種類となっています。

  • 1種(単体)ワクチン
  • 3種混合ワクチン
  • 4種混合ワクチン
  • 5種混合ワクチン
  • 7種混合ワクチン

それぞれのかかる費用と合わせて予防できる病気も紹介していきましょう。

 

猫の病気についてはこちらで詳しく解説していますので参考にしてみてください。

ウチの猫に元気でいてほしいから!猫がなりやすい病気と予防法を解説

 

1種(単体)ワクチン

「1種(単体)ワクチン」3種類あってひとつずつ受けれるようになっています。

 

かかる費用はおよそ3,000円~5,000円くらいです。

 

予防できる病気は

  • 猫エイズウイルス感染症
  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 狂犬病

の3種類です。

「猫白血病ウイルス感染症」は4種混合ワクチンでも接種できますが「猫エイズウイルス感染症」は単体ワクチンしかありません。

 

また、「狂犬病」海外へ行くときに接種することを義務付けられることがあります。

 

3種混合ワクチン

「3種混合ワクチン」猫の病気の中でも感染しやすく、蔓延している地域が多い3つの病気に対しての予防接種です。

完全室内飼いでも受けた方がいい重要なワクチンなので「コアワクチン」とされていて、だいたいこの3種混合を受ける場合が多いです。

 

かかる費用はおよそ3,000円~7,000円くらいです。

 

予防できる病気は

  • 猫カリシウイルス(1つの型を接種)
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)

の3つです。

猫カリシウイルス、猫ウイルス鼻気管炎はいわゆる「猫風邪」と呼ばれる病気のことです。

猫カリシウイルスはいくつかある型の中から1つの型を接種するようになります。

 

4種混合ワクチン

「4種混合ワクチン」3種混合ワクチンにプラスして「猫白血病ウイルス感染症」も入っている予防接種です。

 

かかる費用はおよそ4,000円~8,000円くらいです。

 

予防できる病気は

  • 猫カリシウイルス(1つの型を接種)
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)
  • 猫白血病ウイルス感染症

の4つです。

 

とても感染力が高く、蔓延している地域の多い3つの病気と猫白血病ウイルス感染症を予防することができます。

 

外に出ることがある猫の場合は、4種以上を受けていた方がいいかもしれません。

 

5種混合ワクチン

「5種混合ワクチン」4種混合ワクチンにプラスして「猫クラミジア感染症」が入っている予防接種です。

 

かかる費用はおよそ5,000円~10,000円くらいです。

 

予防できる病気は

  • 猫カリシウイルス(1つの型を接種)
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)
  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 猫クラミジア感染症

の5つです。

 

「猫クラミジア感染症」「人獣共通感染症」のひとつでもありますので、まれに人間へ感染することもある病気です。

 

野良猫が多いような地域で外に出ることがある猫の場合は、もしものことを考えて5種を受けておいた方がいいかもしれません。

 

人獣共通感染症に関してはこちらで詳しく解説しています。

カワイイ猫でも気をつけて!人にうつる病気「人獣共通感染症」とは?

 

7種混合ワクチン

「7種混合ワクチン」5種混合ワクチンにプラスして「猫カリシウイルス」のいくつかある型の中から3種類の型を入れている予防接種です。

 

かかる費用はおよそ7,000円~13,000円くらいです。

 

予防できる病気は

  • 猫カリシウイルス(いくつかある型の中から3種類の型を接種)
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)
  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 猫クラミジア感染症

 になります。

 

7種混合ワクチンでは、いくつかの型があり感染力の高い「猫カリシウイルス」のワクチンの3つの型を予防できます。(4種混合、5種混合では1つの型のみ)

 

予防接種による副作用の危険は?

頭をかかえる猫のイラスト

猫の予防接種では限りなく弱くしたり、不活性化した病原体でつくられているので、猫にとっては異物を体内に入れられていることになります。

 

そうなると怖いのが過剰反応による「副作用」ですよね。

 

猫の予防接種による副作用は次の日には治っているものが多いですが、中にはすぐに処置をしないと危険なものもあります。

 

ここでは予防接種後に起こる副作用にはどんなものがあるかを解説していきます。

予防接種後は猫の体調を注意深く観察しておくようにしましょう。

 

予防接種直後

 予防接種直後にみられる副作用です。

予防接種をした後はしばらく病院内かその近くにいて症状がでないか様子をみましょう。

 

「アナフィラキシーショック」

予防接種後10分~1時間以内に出てくることがある副作用です。

人間でも命を落としているのを聞いたことがあると思います。

 

副作用の中では最も警戒しておかなければならないもので、すぐに処置をしないと命を落とすことになる危険な副作用です。

 

症状としては

  • 虚脱
  • けいれん
  • 呼吸困難
  • 低血圧
  • 低体温
  •  嘔吐

などがあります。 

 

予防接種後1時間~12時間以内

予防接種後から1時間以上がたったときにあらわれることがある副作用です。

すぐに動物病院へ行きましょう。

 

 きちんとした病名があるものはありませんが症状としては

  • じんましん
  • 顔が腫れる
  • 皮膚が赤くなる
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 発熱

 といった症状があらわれます。

 これらが予防接種後1時間~12時間以内にあらわれたら、すぐに動物病院へ連絡してアレルギーを抑える処置をしてもらいましょう。

 

予防接種後から1日以上

予防接種後から1日以上たってあらわれる副作用です。

あまり酷くない場合はその場限りのものであることが多いので、安静にさせて様子を見ていれば治ると思います。

 

あらわれる症状は

  • 元気がない
  • 食欲がない
  • くしゃみや鼻水
  • 下痢
  • 嘔吐

といったことです。

いつまでも治らない場合やどんどん酷くなる場合には、動物病院へ連絡して連れていくようにしてください。

 

ワクチン反応性(誘発性)肉腫

予防接種をしたときにものすごく低い確率(10,000頭に1頭の割合)で起こってしまう

「ワクチン反応性(誘発性)肉腫」

という病気があります。

 

予防接種のために注射をしたところに”しこり”ができてくる病気です。

3か月くらいでしこりが小さくなり、消えてしまえば問題ないのですが、

  • 3か月たっても消えてない
  • 3か月以内にしこりが2㎝を超えるくらい大きくなっている
  • 1か月くらいで大きくなっている

 といった場合には悪性腫瘍(がん)になっている可能性が高いので手術をして切らなければならなくなります。

 

また、再発しやすいため治療するのが難しいといわれています。

原因についてはいろんなことが考えられていますが、ハッキリとしたことはわかっていません。

 

まとめ

猫の看護師さんのイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は猫の予防接種にかかる費用と副作用について解説させていただきました。

 

まとめとしては

  • 猫の予防接種は単独ワクチンから7種混合ワクチンがあり、およそ3,000円~13,000円くらいかかる
  • 予防接種による副作用はでアナフィラキシーショックの症状があらわれたらすぐに処置をしてもらう
  • 接種後12時間以内に副作用の症状があらわれたらすぐにアレルギーを抑える処置をしてもらう
  • ワクチン反応性(誘発性)肉腫というものすごく低い確率であらわれる病気がある

といった感じでしょうか。

感染症を防ぐためには必要なことですが、副作用は怖くもあります。

猫のためには何がいちばん良いかをもう一回考えてみましょう。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。