クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫の爪とぎ器はどういうのがある?爪とぎ器の種類と種類別オススメ

      オススメしている猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

猫の困った行為のひとつ、それが爪とぎです。

 

柱や壁、ソファなど自分が気に入ったものがあるとガリガリしてしまいます。

 

それを防ぐためにも猫にはきちんと爪とぎをする場所を与えて好みの爪とぎ器を用意してあげましょう。

しかし、爪とぎ器も種類があり

 

「どれを買ったらいいのかわからない」

 

ってなってしまいますよね。

下手に買ってしまうと猫が見向きもせず泣く泣くゴミとして捨てることにもなりかねませんしね。

 

そこで今回は

  • 猫の爪とぎ器とオススメ

を紹介、解説させていただこうかなと思います。

ぜひこの機会にあなたが飼っている猫にピッタリの爪とぎ器を見つけてあげましょう。

 

猫の爪とぎ器の種類とオススメ

爪とぎをしている猫のイラスト

 猫の爪とぎ器には材質別で4種類あります。

それが

  • ダンボールタイプ
  • 麻縄タイプ
  • カーペットタイプ
  • 木材タイプ

の4種類です。

猫は意外と好みにうるさいので気に入らない材質のものだと使おうとしないことが多いです。

飼っている猫の好みを把握してお気に入りの爪とぎ器を選んであげましょう。

 

ダンボールタイプ

ダンボールタイプは最もポピュラーで小さなペットコーナーなどでも置いてあるくらいです。

飼い猫の好みがまだわからない場合はダンボールタイプから試してみたらいいと思います。

 

メリット

  • どこでも買える
  • 値段が安い
  • 軽いので移動がカンタン

 

デメリット

  • ゴミが出やすい
  • 消耗が早いのですぐに交換するようにな

 

ダンボールタイプのオススメ

  「ミュー(mju:) 爪とぎ ガリガリウォール スクラッチャー プラス」はシンプルなデザインでどのような部屋でも違和感なく置けると思います。

 

高さがかなりあるので、大きな猫が伸びながら爪とぎをしても大丈夫なくらいです。

背面折り畳み式なので持ち運びもしやすいようになっています。

 

本体サイズは幅×35㎝奥行32㎝×高さ90㎝となっています。

 

目が細かく固めのダンボールで、爪とぎしたときのゴミが出にくい構造にしてあるので散らかる心配も軽減されています。

 

また、興味を持ってくれない猫のためにまたたび付になっています。

 

 他に少し低くした(高さ70㎝)タイプと幅を広げた(幅45㎝)タイプがあります。

 

 「kaba shop 猫爪とぎボード 角守りくん」家の中の角に設置して壁を守る意味もある爪とぎ器です。

爪とぎ器の下には紙屑トレーがついているので削りカスの掃除もカンタンです。

 

本体サイズはボード幅5㎝×高さ71㎝となっています。

 

付属のおもちゃと十分な高さで猫が興味を持ちやすくしてあります。

ただ、大きな猫とかだと、付属の両面テープでは少し弱いようで補強が必要になることがあるようですね。

 

 麻縄タイプ

 麻縄でつくられた爪とぎ器です。

キャットタワーの柱部分にまかれていたりすることもあります。

 

メリット

  • 丈夫で猫が思い切り爪をとぐことができる
  • 感触が木に近い
  • 柱などに巻き付けるなどで保護にも使える

 

デメリット

  • 古くなってくると細かいゴミが出るようになる
  • 独特のニオイがあるので猫によってはイヤがる

 

麻縄タイプのオススメ

 「ottostyle.jp 猫爪とぎポール/爪とぎキャットツリー極太」は名前の通りとても太くなっている爪とぎ器です。

猫ががっしりとつかむことができ、思い切り爪とぎをするのに適しています。

 

本体サイズはポール部分で高さ60.5㎝×直径19.4㎝、土台部分は縦40.5㎝×横40.5㎝×厚さ1.5㎝で重さは約4.5㎏となっています。

 

てっぺんは平面で登れるようになっていてネズミのおもちゃも付属していますので猫の遊び場としても利用できます。

 

他に倍の高さの120㎝タイプもあります。

 

 「ペティオ(Petio) 麻つめみがき 猫用」天然麻100%使用なので丈夫で長持ちな爪とぎ器です。

 

両面式になっているので片面が擦り切れたら裏返して使えるようになっています。

またとても安く、多頭飼いでもコスト的に安心です。

 

本体サイズは縦48㎝×横13㎝×厚さ3.5㎝となっています。

 

横置き使用の爪とぎ器になっていますが、別売りのホルダーを買えば縦置きにもできるので、猫の好みに合わせて購入を考えてみてください。

 

カーペットタイプ

爪とぎ器にカーペットと同じ素材を貼り付けている爪とぎ器です。

麻縄と同様に丈夫ですが麻縄のような独特のニオイはないのでこちらの方が好みの猫も多いと思います。

 

メリット

  • 爪とぎのゴミが出にくい
  • 耐久性がいい

 

デメリット

  • 猫が爪とぎ器と家のカーペットを区別できなくなる可能性がある

 

 カーペットタイプのオススメ

 「マルカン 爪とぎ どこでも爪とぎ巻き巻き」はイスやテーブルなどの足に巻き付けて使う爪とぎ器です。

 

連結も可能になっていて足が太いようなものでも巻き付けることができます。

 

本体サイズは縦35㎝×横30㎝×厚さ3㎝となっています。

 

基本は巻き付けて使うようになっていますが床などにそのまま置いて使うこともできます。

 

 「ボンビアルコン(Bonbi) スクラッチマット」は横置きタイプの爪とぎ器です。

 

ひもがついているので壁に取り付けることも可能のようですが、ひもだけでは弱いので四隅をしっかりと固定することをオススメします。

 

本体サイズはひもも含んで長さ61㎝となっています。

 

また、両面使用可能なので、片面が擦り切れてきたら裏返して使うこともできます。

 

木材タイプ

天然木材を使った爪とぎ器です。

爪とぎ器の種類ではいちばん自然に近いタイプです。

 

メリット

  • 丈夫なので思い切り爪をとぐことができる
  • 高級感があるので見栄えがいい

 

デメリット

  • 他の種類に比べて高価
  • 思っているよりゴミが出る

 

木材タイプのオススメ

 「杉にゃん 本能の爪とぎ」国産の杉からつくった爪とぎ器です。

 

杉は木の中でも柔らかく、削りカスが飛び散りにくいので猫の爪とぎに最適です。

殺菌、消臭効果も高く猫にも人にも安全です。

 

本体サイズは長さ約45㎝×幅約10㎝×厚さ約2.5㎝となっています。(自然素材なので多少誤差が出たりします)

両面に幅1㎝のスリットが入っていて爪とぎしやすく、両面が使えるようになっています。

 

他にも幅や長さが違うもの、薄さが違うもの、土台のついたものとありますので好みのものを選んでみてください。

 

まとめ

のんびり寝転がっている猫のイラスト

 いかがだったでしょうか。

今回は猫の爪とぎ器の種類と私個人のオススメの爪とぎ器を紹介、解説させていただきました。

 

この記事の内容をまとめると

  • 爪とぎ器には「ダンボール」「麻縄」「カーペット」「木材」の4種類が主にある
  • 猫のよっては好き嫌いが激しく分かれる
  • ゴミがでるのはある程度仕方がない

といったところでしょうか。

猫のストレス解消には欠かせない爪とぎ

夢中になって使えるものを選んであげてください。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。