クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫のすりすりにある3つの「あ」とは?その意味と気持ちを徹底解説

           すりすりしあう猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

 この記事では、こんなことに触れています。

  • 猫がすりすりをする意味
  • 猫のすりすりの仕方の違いによる今の気持ち

 

 

飼っている猫にされたい行動のひとつ「すりすり」

「すりすりは疲れやストレスを全部ぬぐい取れるんですかね?」 

 

疲れたりイヤなことがあって帰ってきても、猫にすりすりされたら

スーッと消えていくような気がしますよね。

 

...でも、それだけじゃ猫にとってはするメリットがないです。

 

私たち飼い主にとっては癒しの効果がある?と思われる”すりすり”ですが、

猫にとってはどういった意味があるのでしょうか?

 

ということで今回は

  • 猫のするすりに”あ”る3つの意味
  • すりすりの仕方からわかる猫の気持ち
  • やたらとすりすりをしていることが多いなと感じたら

について解説をさせていただこうかなと思います。

猫のすりすりの意味をちゃんと知って、猫の疲れやストレスも取ってあげれるようにしてあげましょう。

 

猫のすりすりに”あ”る3つの意味

指を三本出す女性のイラスト

猫のすりすりには3つの”あ”があると言われています。

 

その3つとは

  • んしん(安心)
  • いさつ
  • ピール

です。

猫が込めている3つの「あ」の意味を1つずつ詳しく解説していきましょう。

 

安心が一番だよね!

猫をかわいがる人のイラスト

まずは1つ目の「あ」、”安心”です。

 

猫は警戒心が強い動物。

少しでも知らないニオイがあると安心することができません。

 

家の中など自分の縄張りに知らないニオイが出てきたときは、

”すりすり”をして自分のニオイをつけて安心を得ようとします

 

ただ、すりすりは

「スプレー行為(オシッコによるマーキング)」

「爪とぎ」

といったものと比べてニオイの持続時間が短いため、毎日のように縄張りをパトロールしてニオイをつけ直すようにしています。

 

そのため、毎日服を着替えたりお風呂に入ってニオイを変えてしまう

「飼い主さん」

は、そのたびにニオイをつけ直さなければいけないので大変なんです。

 

そうして周りがすべて自分の知ったニオイになると、安心して眠ったり毛づくろいをしたりするようになるんです。

 

仲のいい猫、人にあいさつをしてます

お辞儀をする猫のイラスト

2つ目の「あ」、”あいさつ”です。

 

猫のすりすりは

仲のいい猫同士や人に対してのあいさつの意味もあります

 

「気を許している相手にニオイをつけると同時に相手のニオイを確認している」

と言われています。

 

この、”あいさつのすりすり”

やっている時間が長ければ長いほど友好的な関係を築いている

と言われています。

 

飼っている猫がすりすりすりすり...といつまでもやっていたとしても

「長い!いつ終わるんだろう?」

と思わずに、

「そんなに仲良しだと思ってくれているんだ」

と捉えて、気が済むまですりすりさせてあげましょう。

 

あなたへアピールしたい

すりすりしている猫のイラスト

最後の「あ」、”アピール”です。

 

猫のすりすりは

あなたに「何かをしてほしい」とアピールしている場合もあります

  • 「あなたにかまってほしいとき」
  • 「ごはんが欲しいとき」
  • 「トイレを掃除してほしいとき」
  • 「もっと撫でてほしいとき」
  • 「甘えたいとき」

といった場合に「早くして!」という感じでアピールしているようです。

 

これは、以前”すりすりしたことで自分の要求がかなった”といった経験のある猫が

「すりすりすればやってもらえるんだ」

と学習し、”要求をかなえるための手段”としてすりすりしているとも考えられます。

 

すりすりの仕方からわかる猫の気持ち

気持ちを伝える猫のイラスト

猫のすりすりにはいくつかのバリエーションがあり、その違いで

今どういう気持ちなのかがある程度わかります。

 

ケース別のすりすりの気持ちについてまとめてみましたので解説していきたいと思います。

 

ちなみに猫が気持ちを表現する他の方法についてはこちらで解説しています。

参考までにご覧になってみてください。

 

足にまとわりつくようにすりすりしてくる

猫が足にまとわりつくようにすりすりしてきて、

「嬉しいけど歩きにくいんだよな~」

といった状況になったことありませんか?

 

まとわりつくようにしてきた場合は

「不安感や寂しさを感じていてあなたに甘えたい」

と思っているときです。

 

足に絡まるようにまとわりついて全身の”臭腺”を使い、自分のニオイをたっぷりつけて安心したいんです。

 

特に、あなたがどこかに出かけていて帰ってきたときにすることが多くないでしょうか?

長い時間留守番をしていて、寂しくてたまらなかった思いを爆発させているんですね。

 

「おかえり~、寂しかったんだから構って!」

 

といったところでしょうか(笑)

 

顔や頭を押し付けるようにすりすりしてくる

くつろいでいると猫が寄ってきて急に頭をゴツン

「何だ?」

と思っているとその後も何回も押し付けるように頭突きをしてくる

そんな経験ないですか?

 

この「猫の頭突き」意外と勢いよくされるので

「嫌われてるのかな?」

と思ってしまいそうですが、じつは正反対の意味なんです。

 

猫のおでこ付近には自分のニオイをつける「臭腺」があって、あなたに自分のニオイをつけようとしています。

この

猫が顔や頭を使ってニオイをつける行動」

は自分にとって大切な人や物に対してする行為だそうです。

 

また猫の間では、”自分より地位が上の猫にしかやらないすりすり”と言われています。

 

つまり、

「あなたを最も信頼し、大切に思っている」

ということになります。

おめでとうございます!良かったですね!!

 

家具などに全身をこすりつけるようにすりすりしている

家具などの角に、しきりに全身をこするつけるようにすりすりしているようなこと、ありませんか?

 

そんな場合は、

特に不安や甘えたいという気持ちはないけど、周りのものすべてが自分のニオイじゃないと安心できない。

 

つまり、

「この周りにあるものは全部が自分のものなんだからね!」

 

といったアピールのようなものです。

そのため、お尻の方まで使って入念にニオイをつけているんだと思います。

 

もちろん、その”全部”の中にはあなたも含まれていると思いますよ。

 

やたらとすりすりをしていることが多いなと感じたら

ビックリしている猫のイラスト

猫にとって大事な「縄張りパトロール」でもある、すりすり。

しかし、たまに

1か所だけにやたらと長い時間ずーっとすりすりしている

ってことがありませんか?

 

そんなときには単にニオイをつけているだけではないかもしれません。

 

こすりつけている部分がかゆい

顔などを長い時間しきりにこすりつけているようなら、

その部分がかゆいと感じている可能性があります。

 

かゆくて後ろ足でかいていたけど、かきすぎたため皮膚が傷ついてしまって痛い。

でも、かゆい。

 

そういったときに家具などにすりすりして、あまり痛くならないようにかいていると思われます。

 

やたらと長い時間すりすりしているところを見かけたら、その部分の皮膚を1度よく見てあげてください。

 

もし赤くなってたり、傷になってしまってるようなら、

「皮膚病」にかかっている可能性もあります。

 

早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

 

何かストレスを感じていることがある

やたらと長い時間すりすりしているようなときは、

何かにストレスを感じ不機嫌になっている可能性もあります。

 

それは

「トイレが汚い」「お腹が空いた」

といったささいなことかもしれませんし、

「キライな音がする」「体のどこかに違和感がある」

といった大きなことかもしれません。

 

とりあえず、何か猫がストレスを感じるようなことはないか、原因を探ってみるようにしましょう。

 

まとめ

毛づくろいをする猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は「猫のすりすりの意味や気持ち」について解説させていただきました。

 

猫のすりすりについてまとめると

  • 猫のすりすりには「安心」「あいさつ」「アピール」の3つの「あ」がある
  • すりすりの仕方の違いでそのときの気持ちがある程度わかる
  • やたらと長い時間1か所にすりすりしていたら、ストレスや病気を疑ってみる

といったところでしょうか。

猫にすりすりされると、飼い主としてはとても嬉しくなってかまってあげますよね。

ただ、猫のほうは自分が満足すると急にモードが切り替わるので、かまい過ぎないように注意しましょう。

 

甘えてると思ったら、急に猫パンチを食らうことにもなりかねませんよ(笑)

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。