クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫の爪切りはこんな感じでやろう!猫の爪を上手く切る手順を解説

        両手を広げている猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

「猫の爪って伸びなきゃいいのにって思いません?」 

 

爪切りをしようと思えばイヤがって暴れて、ついには噛みついてきたりして、切り終わるころには手などボロボロですよね。

普段はおとなしい猫でも爪切りになると豹変することがあるから油断できませんし。

 

猫のためには切った方がいいとは言いますけど、爪とぎを自分でしてる猫に爪切りが必要なのかもわからない。

 

 そこで今回は

  • 猫の爪を切る手順
  • イヤがる猫の爪切りをするときは?
  •  猫の爪切りって必要あるの?

といったことを紹介、解説させていただこうかなと思っています。

爪切りが上手になって、人も猫もイヤなことはできるだけ素早く終わらせてしまうようになりましょう。

 

猫の爪を切る手順

猫の爪を切るイラスト

爪が伸びる速さで多少違ってくることもあるでしょうが、猫の爪切りの頻度としてはおよそ1か月に1回くらいで大丈夫です。

シニア猫の場合は爪とぎをあまりしなくなるので、3週間に1回くらいがいいかもしれません。

 

猫の爪を切る手順はざっくりとこんな感じです。

猫を後ろから抱っこして膝の上に乗せる(暴れるようならタオルなどでくるむ)

      

肉球をやさしく押して爪を出す

      

爪のピンク色になっている部分に気をつけて爪を切る

      

切り終わったらしっかりと褒めてあげる

コツさえ掴めば意外とカンタンにできるので、少しずつ慣れていきましょう。

それではひとつずつ解説していきます。

 

猫を後ろから抱っこして膝の上に乗せる

まずは、爪切り対象の猫を捕まえるところからです。

 

猫の正面からやるよりも同じ向きになっていた方がやりやすいと思われるので、後ろから抱っこして膝の上に乗せましょう。

 

抱っこをイヤがったり暴れたりしてしまうときはタオルやネットなどでくるんでしまうと大人しくなったりしてやりやすくなります。

 

肉球をやさしく押して爪を出す

膝の上に乗せたら、肉球をやさしく押して爪を出しましょう。

 

ここで気をつけたいのが、「肉球を押すときはやさしく」ということです。

 

爪を押し出すということでついつい、強めにギュッと押してしまいそうですが、肉球は猫の中でも敏感なところ。急に強く押すとイヤがってネコパンチが飛んでくる可能性もあります。

 

 そんなに強く押さなくても爪は出てきますので、やさしく押すということを忘れないようにしましょう。

 

爪のピンク色になっている部分に気をつけて爪を切る

ネコパンチを食らうことなく爪を出せたら、いよいよ爪を切っていきます。

 

爪を出してみるとわかると思いますが、爪の中ほどからピンク色になっています。

その部分からは血管や神経が通っていますので、切ってしまうと猫が痛いです。

 

人間で言うところの「深爪しすぎたー!」みたいなもんですね。

どれくらい痛いか...想像つくと思います。

 

そのピンク色の部分から2㎜ほど先までを切りましょう。

慣れないうちは先端だけを切って終わりでもかまいません。

 

猫の爪切りは、猫がどれほどじっとガマンできるかの勝負になります。

時間をかけることなく手際よく切ってしまいましょう。

 

失敗して爪から血が出てしまった場合止血剤などですぐに止血をしてください。

あまりに止まらないようなら動物病院へ駆け込みましょう(ついでに残りの爪を切ってもらうのもありです)

 

切り終わったらしっかりと褒めてあげる

爪切りが終わったら猫をしっかりと褒めてあげましょう。

 

ご褒美におやつなんかをあげてもいいですね。

できるだけイヤなイメージをつけないようにし、「爪切りをした後は良いことがある」と思ってもらうことが大事です。

 

猫へのアフターケアが”次の爪切りをやりやすくするため”につながっていきます。

 

イヤがる猫の爪切りをするときは?

猫にひっかかれる人のイラスト

猫は爪切りがキライだと思います。

 

足先や肉球は猫にとって敏感な部分です。

そこを押さえられたうえにハサミでぱちぱちやられたら、逃げ出したくなる気持ちもわからなくはないですね。

 

けど、切らないわけにもいかないのでどうにか爪切りをさせてもらうようにしましょう。

 

足や肉球を触られることをイヤがる場合はまず慣れさせる

足や肉球を触られることをイヤがる猫だと、爪を切る以前にスタートラインにすら行かせてもらえないですね。

 

そんなときはまず、慣れさせることから始めましょう。

 

足や肉球を触られるのがダメなら、触ってもいい場所から徐々に足や肉球を触っていくようにして、触られるということに慣れていってもらいましょう。

 

猫にイヤなイメージを植え付けることがいちばんよくないので、無理やり引っ張ったり、押さえつけたりといったことはしないようにしましょう。

 

猫の隙を狙う

イヤがる猫の爪を切るには、”猫の隙を狙う”ようにしましょう。

 

普段は爪切りをイヤがって警戒していても、寝てしまっているときは無防備です。

このときに少しずつでもいいので手早く切ってしまいましょう。

 

また、ひなたぼっこや起きた直後も頭がボーっとしていることが多いので狙い時です。

 

爪を切る側が不安がらない

まだ慣れないうちは「失敗して血が出たらどうしよう」とか思って、爪を切ることに不安を覚えてしまいますよね。

 

しかし、爪を切る側の飼い主さんが不安がっていると、その不安を猫は敏感に感じとってしまいます。

 

例えば、普通の人が運転する車に乗るのは何とも思わないですが、免許を取りたての人がビクビクしながら運転してたらこっちも不安になってしまいますよね。

 

猫もまさにそれを感じ取り、「ちょっと!怖いからやめて!」と抵抗してしまいます。

猫の爪を切るときは、なるべく堂々としていましょう。

 

1回で全部終わらそうとしない

そもそも猫は長い時間じっとしていられないので、爪切りに時間をかけてしまうとどうしてもイヤがりだしてしまいます。

 

なので、1回の爪切りで全部の爪を切ろうとするのではなく、片方の爪を切ったら時間をおいて反対の爪といった感じでやっていくといいでしょう。

 

よほどイヤがる場合は2本ずつをサッと切って何度かに分けるようにやるようにしましょう。

 

猫の爪切りって必要あるの?

不思議に思っている猫のイラスト

猫の爪切りって結構大変だったりしますよね。

「こんな思いをしてまでわざわざ切る必要ってあるの?」

っていう方もいると思います。

 

でも、切っておくといろんなことの対処につながるんです。

 

巻き爪になって肉に食い込んでしまう

年とともに動かなくり爪とぎをしなくなるシニア猫に多いのですが、猫の爪は曲がって伸びていくため1回転して肉球に刺さってしまうようになります。

 

ここまでになってしまうと自分で切ることは難しくなるうえに爪が刺さって化膿している場合もあるので動物病院で適切な処置をしてもらうようにしましょう。

 

自分や猫同士のケガを防げる

爪が鋭く伸びていると、ちょっとかすっただけでもケガをしてしまうことがあります。

まして、興奮してネコキックを食らってしまうと、あっという間に傷だらけです。

 

爪をちゃんと切ってある猫にネコパンチを食らったことがあるのですが、爪がとがってないのでケガをすることもなく全然痛くなかったです。

 

また、複数頭飼っている場合は猫同士のじゃれ合いの中で爪が刺さってケガをしてしまうこともあり得ます。

 

猫に引っかかれることによる「猫ひっかき病」などのリスクもあるため、防護策として切っておいた方がいいでしょう。

 

柱や家具など家が傷だらけになる

猫の爪がとがったままだと、猫を飼っている方ならご存じの通り、柱やソファなどで爪とぎをしてしまい、瞬く間にボロボロになってしまいます。

 

爪とぎをしていい場所に爪とぎ器を置くなどして教えることはできるのですが、そこは自由気ままな猫の性格上、確実にそこでだけ爪とぎをするとは限りません。

 

見栄えの悪い室内になってしまう前に爪切りをして、被害を食い止めましょう。

 

まとめ

ネコパンチをする猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は猫の爪切りについてやり方からその必要性までを紹介、解説させていただきました。

 

この記事をまとめると

  • 猫の爪を切る流れは「抱っこする→爪を出す→切る→褒める」
  • 爪を出すときは肉球をやさしく押す
  • ピンク色のところからは血管や神経なので気をつける
  • 触ることもイヤがる場合は慣れさせることから始める
  • イヤがる場合は寝ているときなどの隙を狙って手早く自信を持って切る
  • 1回で全部切る必要はない、何度かに分けてもいい
  • ケガや病気、家の中が心配なので爪は切った方がいい

といった感じでしょう。

猫のためであるとはいえ、イヤがられることであるのは間違いないのでできるだけストレスを与えないようにササッとスムーズにしてあげましょう。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。