クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫の困ったを解決!噛み癖を治すポイント3つとケガした時の注意事項

とびかかる猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

突然ですが

 

「飼っている猫が急に噛みついたりすることはありませんか?」 

 

 猫を飼っているかたの中で結構な割合のかたが「猫の噛みグセ」に困っています。

遊んでいるときやなでているときに急にガブッとやられることもありますし、物陰から急に噛みついてこられた日にはそれはたまったもんじゃありません。

 

しかも自分だけならまだいいですが、家に来たお客さんまで噛まれることになったら一大事です!

 

今回はそんな困ったを解決するために

  • 猫の噛みグセを治すための3つのポイント
  • 猫が噛んでしまう理由
  • 猫に噛まれてケガをしたときの対処の仕方

を紹介、解説させていただこうかなと思います。

 

猫にはきちんと噛みグセを治してもらって、平和な暮らしができるようにしていきたいですね。

 

 

猫の噛みグセを治すための3つのポイント

3と書かれた旗のイラスト

猫の噛みグセを治すには、「人間の手を噛むのは悪いこと」というのを認識させなければなりません。

 

しかし、猫に「これはいいこと、あれは悪いこと」と理解させるのは少し難しいですよね。

なので、猫自身が「これをやるとイヤなことが起きる」という感じで覚えていってもらうようにしていきましょう。

 

そういうことで、猫の噛みグセを治すための3つのポイントは

  • 噛まれたら猫の目を見て「痛い!」と冷静に言う
  • 噛まれたら遊ぶのを止めて無視をする
  • 噛むのを止めさせるため、猫の嫌いな匂いのするものを塗る

となります。

ひとつずつ詳しく解説していきましょう。

 

噛まれたら猫の目を見て「痛い!」と冷静に言う

猫をなでたりしていると急にガブッと噛まれたりすることありますよね。

そのとき、慌てて手を引っ込めるのはしないようにしましょう。

猫が動くものに反応してもっと噛みついてくるかもしれません。

 

そういうときは冷静に少し大きな声で「痛い!」「ダメ!」と言うようにしてください。

離さない場合は手を口の中へ押し込んでみましょう。

 

噛まれたときに「痛い!」と言うとビックリして離したり、力を緩めたり、離して舐めだしたりするようになるまで噛まれるたびに繰り返しましょう。

 

噛まれたとき離さないからといって、猫を叩いたりするのは絶対にダメです。

信頼関係が崩れるだけでなく、人間の手に対する恐怖が芽生え、より噛みつくようになることもあるからです。

 

また、「痛い!」と言うときに、名前を一緒に言ってはダメです。

イヤなことが起きている状況と名前を呼ばれていることが結びついて、「名前を呼ばれることでイヤなことが起きる」と思うようになってしまうからです。

 

少し根気がいるようになりますが覚えてくれるまではガマンするしかないです。

 

噛まれたら遊ぶのを止めて無視をする

遊んでいるとき、猫が興奮しすぎて噛みついてくることがあると思いますが、そんなときは遊ぶのを急に止めて無視してしまいましょう。

 

さらにそのまま遊んでいた場所から立ち去ってしまうともっと効果的です。

 

これは「噛んだから遊んでもらえなくなった」と思わせ、「噛むとイヤなことが起こる」と認識させることになります。

 

急に無視してその場から立ち去ってしまうのは少しかわいそうに感じてしまうかもしれませんが、猫に覚えてもらうためには耐えましょう。

 

また、猫と遊ぶ際には飼い主さんの方で猫の興奮度合いを見ながら遊んであげるようにしましょう。

興奮しすぎる前に休憩をはさみ、一度猫を冷静にさせてからまた遊びを再開するようにすると噛むこと自体が無くなります。

 

噛むのを止めさせるため、猫の嫌いな匂いのするものを塗る

これは、手を噛まれたときだけでなく、電気のコードなど猫が噛んだら危険なものに対しても効果的な方法です。

 

猫は柑橘系の匂いを嫌う習性があるので、噛まれたときにそういう匂いをつけると猫はイヤがって噛むのを止めます。

そのとき噛んでもいいぬいぐるみやタオルなどを代わりにあげましょう。

 

「手を噛むとイヤなことが起きる」

       ↓

「ぬいぐるみやタオルだと何も起きない」

       ↓

「じゃあ、こっちを噛もう」

 

となって噛むときにはぬいぐるみやタオルに噛みつくようになります。

 

また電気コードといった、猫がじゃれついて噛んでしまうと危険なものはそういう匂いをつけたり、カバーをしたりして近寄らせないようにすることが大事です。

 

特に子猫は好奇心からなんでも噛みついてしまうので注意しましょう。

 

猫が噛んでしまう理由

怒っている猫のイラスト

 上で噛みグセを治すためのポイントを紹介しましたが、そもそも猫は何故急に噛みついたりするのでしょうか?

 

その理由を調べまわってみましたので、紹介、解説させてもらおうと思います。

 

本能的なもの

猫が急に噛みつく理由としていちばん大きなことは「本能的なもの」ということらしいです。

 

猫はもともと肉食動物であり、同じネコ科のライオンやトラ、ヒョウなどもみな狩りをしますよね。

猫もその遺伝子があるので、飼われている猫でも外に出るような猫は獲物を捕まえてきたりします。

 

そういうことから飼い主を獲物に見立てて噛みついてきたり、手が動いたりすると狩猟本能が騒いで噛みついたりするようです。

 

ストレス

ビックリするようなことがあってパニックになっていたり、何かイライラするようなことがあったりすると気持ちが爆発して、たまたま近くにいた飼い主にガブーッ!となってしまいます。

 

これを「転嫁行動」というのですが、カンタンに言えば”八つ当たり”です。

気まぐれで自己中と言われる猫らしい理由ですね。

 

病気やケガをしている

体のどこかが痛かったりすると触られるのを防ぐために、「威嚇として噛む」ということがあります。

 

見た目ではわからなくても骨が折れていたり、隠れたところにケガをしていたり、何かの病気でお腹が痛かったり、といったことが原因になります。

 

触ろうとするだけで怒って噛みつくなど、よほどひどい状況の場合は動物病院へ連れていくことをオススメします。

 

飼い主のかまいすぎ

なでられて気持ちよさそうにしているような猫でも、ずーっとなで続けていたらそのうちガブッと噛みつく。

 

これは飼い主さんがかまいすぎたために「もういいよ!やりすぎだよ!」ということのようです。完全にこちらの責任ですね(笑)

 

最初は気持ちよさそうにしていたとしてもしっぽをパッタパッタ降り始めるなどイライラのサインが出始めたらなでるのを止めましょう。

 

猫に噛まれてケガをしてしまったときの対処の仕方

指から出血しているイラスト

猫に噛まれたとき、それが甘噛みであればケガをすることはあまりないかもしれませんが、興奮しすぎて本気で噛まれた場合や、噛まれたときに手を引っ込めたりしてしまうとケガをする可能性があります。

 

その場合の対処の仕方も紹介しておきますので参考にしてください。

 

小さなケガでも放置しておかないように

 猫の口の中は私たちが思っているより雑菌がいっぱいいます。

 

猫に噛まれたときにたとえ小さな切り傷とかであっても「このくらいなら大丈夫」と放っておかずにきちんとケアをしましょう。

噛まれてケガをしたときは流水で傷口をしっかり洗い流すようにしてください。

 

本気で噛まれて、深い傷を負ってしまった場合は病院へ行きましょう。

その際、猫に噛まれたということをちゃんと伝えておくことを忘れないように。

 

猫に噛まれることで病気になる可能性がある

小さなケガでも放っておかないようにといったのは、猫に噛まれる、ひっかかれることで人間が病気になってしまう可能性があるからです。

 

「人獣共通感染症(ズーノーシス)」

 

と言われるものですが、動物から菌やウイルスが感染して病気になってしまうというものです。

 

猫に噛まれたり、ひっかかれたりして発症する代表的な病気は

 

「猫ひっかき病」「パスツレラ症」「カプノサイトファーガ感染症」

「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)]などです。

 

感染してしまうと、発熱や嘔吐、下痢、中には敗血症などを引き起こし命を落としてしまう可能性のある病気もあります。

 

人獣共通感染症に関してはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。↓

www.kuronekoaguri.com

 

まとめ

複数の猫をかわいがっているイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は猫の噛みグセを治すポイントと噛まれたときの対処の仕方を解説させていただきました。

 

この記事の内容をまとめると

  • 猫の噛みグセを治すには噛まれたときの対応が大事
  • 噛まれたときには「痛い!」「ダメ」と冷静に大きな声で言う
  • 遊んでいるときに噛まれた場合は遊ぶのを急に止めて無視をする
  • その他のものに噛みつかないように猫の嫌いな匂いのものを塗る
  • 猫が噛む理由として「本能」「ストレス」「病気やケガ」「飼い主のかまいすぎ」などがある
  • 噛まれてケガをしたときは小さなケガでもちゃんとケアをする
  • 「人獣共通感染症」という人が噛まれることで発症してしまう病気がある

といったところでしょうか。

猫の噛みグセを治すには繰り返しやって猫に覚えてもらわなければならないので、飼い主さんの根気が何より大切になってきます。

 

猫と飼い主がより良い生活が送れるように頑張っていきましょう。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。