クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫にまつわるミステリー!ゴロゴロ鳴きには「嬉しい」以外の意味が?

           ゴロゴロ鳴く猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

この記事ではこんなことに触れています。

  • ゴロゴロ鳴きの意味、用途別パターンの紹介と人間に与える影響について

 

ゴロゴロ音

猫が出す特徴的な鳴き声ですが

 

「あのゴロゴロにはどんな意味があるか知っていますか?」

 

”知っている”というほとんどの方が

「猫がご機嫌なときに出す音」

と答えるのではないかと思います。

 

間違いではないですが、さらにこう聞いたらどうでしょう。

 

「他の意味は?」

 

おそらく多くの方が「えっ?」となるのではないでしょうか。

じつは猫のゴロゴロ音は「ご機嫌」だけではなく”他の意味”も持っているんです。

 

確かに「嬉しい」という感情だけで”ノドがゴロゴロ鳴る”って、よくよく考えたら不思議じゃないですか?

 

ということで今回は

  • 猫の”ゴロゴロ鳴き”にある3つの意味とは?
  • 猫はゴロゴロを用途別に使い分けてる?
  • 猫のゴロゴロは人にも影響を与えている

について解説させていただこうかなと思います。

 

まだまだ謎の多い「猫の生態 」

少しづつ理解して完璧な意思疎通をはかれるようになっていきたいものですね。

  

猫の”ゴロゴロ鳴き”にある3つの意味とは?

ルーペでのぞき込む猫のイラスト

猫が発するゴロゴロ音

猫を飼っていれば聞いたことのある鳴き声(音?)だと思いますが、

 

この鳴き声は

人間でいう”のど仏”にあたる「喉頭」と言う部分の筋肉が収縮して声帯を震わせることで鳴っている音

と考えらえています...が、詳しくはまだ解明されていないようです。

 

そんな謎多き「ゴロゴロ」

 

猫が使う意味もひとつではない、ということでまずはそちらから解説していきましょう。

 

「リラックス」のゴロゴロ

寝転がる猫のイラスト

まずは、一般的に知られている

  • 「嬉しい!」
  • 「幸せだー!」

といった

”リラックスしている”

という意味です。

 

撫でてあげたりしたときに目を閉じながらゴロゴロ鳴いていることが多く、その姿を見ているとこっちもゴロゴロ言いたくなる気持ちにさせられます(笑)

 

「スリスリ」「フミフミ」とともに

飼い猫の甘える「3種の神器」

として猫好きたちをメロメロにしています。

 

”喜び”や”幸せ”の感情を周りが見て感じることができるため人間の

「笑顔」にあたるもの

と考えられているようです。

 

「コミュニケーション」のゴロゴロ

仲のいい親子の猫のイラスト

猫は生後2日くらいの子猫の時からゴロゴロ音を出せるようになります。

 

この”子猫のゴロゴロ”

母猫との意思疎通に使われ「ここにいるよー、元気におっぱい飲んでるよー」というアピール

だということです。

 

また、一説には

「子猫のゴロゴロの振動を受けることで母猫の母乳の出が良くなる」

とも言われています。

 

そして、母猫のほうも子猫のためにゴロゴロ音を出して

「ここだよー、ここにいるよー」

と自分の居場所を伝えているようです。

 

居場所を伝えるなら「ニャー」と鳴いてもわかりそうな気がしますが、

子猫はまだ小さすぎて目も耳も発達していません。

 

ニャーと鳴くよりはゴロゴロ音を出して振動で伝える方がわかりやすいということだと思います。

 

「ピンチ」のゴロゴロ

体調が悪い猫のイラスト

猫のゴロゴロには良いことの表現ばかりではありません。

時にはまったく逆の意味としてゴロゴロ音を出すことがあります。

 

それが

  • 「強いストレスを感じている」
  • 「骨折などの大きなケガをしている」
  • 「死の間際に面している」

といったかなりのピンチのときにゴロゴロ鳴くようです。

 

体調が悪かったり、動物病院の診察台に乗っているときなどゴロゴロと鳴いているのを聞いたことがないでしょうか?

 

これは他の2つのゴロゴロ音の意味、

  • リラックスしているときに出す音
  • 母猫とのコミュニケーションで出す音

ということから

  • 「猫自身が気持ちを落ち着けようとしている」
  • 「信頼できるあなたに苦痛を伝えようとしている」

と考えることができます。

 

また、

ゴロゴロ鳴くことによる振動が骨に刺激を与えて”自己治癒力を高める効果”もあるのではないか

と考えられています。

 

死の間際に面したときにもゴロゴロと鳴くようですが、これは

「鳴く力が残ってないためゴロゴロ音を出して、”幸せだったよ”と伝えようとしている」

ということもあるのではないかと自分では思っています。

 

猫はゴロゴロを用途別に使い分けてる?

歌う猫のイラスト

いろんな場面でする猫のゴロゴロに耳を澄ませてみてください。

何か”違い”に気づきませんか?

 

ゴロゴロの音自体あまり大きくないので気づきにくいかもしれませんが、

じつはゴロゴロと鳴く「場面」や「状況」によって

 

音の高さが変わっているんです!

 

ゴロゴロにはバリエーションがあったんですね。

では、どんなときにどんな音の高さに変わっているのか解説していきましょう。

 

リラックスやコミュニケーションの時は基本の音 

普段、いちばんよく聞くことがある基本的なゴロゴロ音の意味、

  • 「リラックスしているとき」
  • 「母猫とのコミュニケーションをとるとき」

の場合は

 

「ゴロゴロ→」と”中低音バージョン”

 

を使います。

子猫の「元気だよ」の報告や、飼い猫の「満足!」を伝えている場合には

自然と出せる中低音のゴロゴロが出てくるようですね。

 

何かを要求しているときは甘えた音

猫があなたに何かを要求するときにもゴロゴロ音を出しています。

  • 「ごはんが欲しいとき」
  • 「遊んでほしいとき」

など、おもにあなたに甘えるような状況のとき

 

「ゴロゴロ⤴」と”高音バージョン”

 

を使います。

人間でも”甘えた声”というのは普通の声より高めの声を出しますよね。

 

それを猫が聞いていたかどうかはわかりませんが、この高音バージョンは

「猫が人と暮らしていく中でつくりだされたゴロゴロ音」

だと考えられているようです。

 

実際に要求のゴロゴロ音を聞いた飼い主さんの多くは

「早くしてあげよう」

という気持ちになってしまうようです。

 

苦しいときには響くような音

猫が何か苦痛を感じている

  • 「大きなケガをしているとき」
  • 「強いストレスを感じているとき」

といった状況のときには

 

「ゴロゴロ⤵」と”低音バージョン”

 

を使います。

大きな声で鳴くことができない、または鳴きたくないような状況のときに低いゴロゴロ音で振動を強くして

「あなたに苦しいことを伝え、助けを求めている」

ということではないでしょうか。

 

また

「骨に振動を与えて新陳代謝を促し、自己治癒力を高める効果がある」

と考えられているので、低いゴロゴロ音でより振動を与えようとしているのかもしれません。

 

猫は体調不良を隠そうとするものです。

いずれにしても、リラックスしているような感じではないときにゴロゴロ音が聞こえるようなら「何か異常がないか」を注意深く観察するようにしましょう。

 

ゴロゴロ鳴きをしない猫もいる

猫の中にはゴロゴロ鳴きをまったくしない猫もいるようです。

 

野良だった猫や甘えることをしないような猫が出さないことが多いと言われています。

例え飼っている猫がゴロゴロ音を出さないからといって

  • 「あなたを信頼していない」
  • 「どこかに異常がある」

といったことはないので安心してください。

 

「猫が気持ちいいと感じる撫で方」についてこちらで解説しています。

念のため参考にしてみてください。

 

猫のゴロゴロは人にも影響を与えている

猫を抱っこしている人のイラスト

猫がゴロゴロと気持ちよさそうにしているのを見ると、なんだかこっちまで

  • 「ホッとする」
  • 「気持ちが和む」

といった癒された気持ちになることはありませんか?

 

じつはそれ、間違いではないんです。

 

猫のゴロゴロには人間に対する効果もあることが証明されています。

続いては”その効果”について解説していきましょう。

 

ゴロゴロの効果で幸せがドバドバ

猫がリラックスのゴロゴロを出すときの音は

”25Hzの低周波”

だと言われています。

 

そして人間は

”20Hz~50Hzの低周波”によって緊張がほぐれ、リラックスできる

ということがわかっています。

 

さらにはその低周波によって「セロトニン」というホルモンの分泌を促す効果があることもわかっています。

 

セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、

「不安感を減らし、リラックスさせる」

効果があるホルモンです。

 

海外ではこの”猫の癒し効果”を使い

「アニマルセラピー」

として医療の現場で活用されているようです。

 

◆アニマルセラピーについてはこちら◆

 

 猫はゴロゴロで人間を操っている?

猫が何かを要求するときに出す「ゴロゴロの高音バージョン」がありますが、

この高音バージョンを聞くと緊急性を感じ

「早く要求を満たしてあげよう」

といった気持ちになってしまうそうです。

 

その理由が

「声の周波数」

にあります。

猫の高音バージョンのゴロゴロは”220Hz~520Hz”で平均すると380Hzの周波数になっていますが、この周波数というのがじつは

「人間の赤ちゃんの泣き声とほぼ同じ周波数」

なんです!

 

そのため人間がこの周波数の声を聞くと

「本能的に急かされた気持ちになって、早く要求を満たしてあげようとする」

ということなんです。

 

猫はこの「ゴロゴロの高音バージョン」を人間との暮らしの中でつくりだしたようですが、効率よく自分の要求を通すため赤ちゃんの泣き声を参考にしたということではないでしょうか。

 

知らず知らずのうちに”猫に操られていた”と言っても過言ではないかもしれませんね。

 

まとめ

すりすりしている猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は「猫のゴロゴロと鳴く意味と用途別パターンの違い、人への影響」といったことについて解説させていただきました。

 

今回のまとめとして

  • 猫のゴロゴロには3つの意味がある
  • 猫はゴロゴロを用途や状況によって使い分けている
  • 猫のゴロゴロは人間にも効果がある

といった感じでしょうか。

結果としては猫にいっぱいゴロゴロ鳴いてもらうことが

「ストレスもなくリラックスできてケガの治りも早くなる」

と、猫の寿命を延ばすことにつながるのではないかなと思います。

 

普段から愛情たっぷりに接して、いっぱいゴロゴロ音を聞かせてもらうようにしましょう。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。