クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫のブラッシングで得られる効果5つと毛並みをキレイにする手順

          毛づくろいをする猫のイラスト

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

この記事ではこんなことに触れています。

  • 猫にブラッシングをすることで得られる効果
  • 猫にブラッシングしてキレイな毛並みにする手順
  • 猫にブラッシングをする注意点

 

 

みなさんは

「飼っている猫にブラッシングってしてあげてますか?」

 

ウチの猫は短毛種ということもあって、今までたまにしかブラッシングしてなかったんですよね。

 

猫っていつも自分で毛をなめて毛づくろい、いわゆる「グルーミング」をやってますよね。

 

だから、

「わざわざしてあげなくてもいいんじゃないの?」

って思われる方も多いでしょう。

実際、私もそう思ってましたし。

 

しかし、ブラッシングをしてあげることって”猫にはとても効果のあること”だったようなんです。

しかも、私たち飼い主にも”いいこと”がある、とか...

 

そこで今回は

  • 猫にブラッシングをして得られる5つの効果
  • 猫にブラッシングをしてあげる手順
  • 猫がブラッシングをイヤがるときは
  • 猫にブラッシングをするときの注意点 

 の紹介と解説をさせていただこうかと思っています。

ぜひこの記事を読んで、ブラッシングをしてあげるきっかけにしてみてください。

 

猫にブラッシングをして得られる5つの効果

指を五本出しているイラスト

猫にブラッシングをして得られる効果には主に”5つ”のことがあります。

それが

  • 毛玉対策になる
  • 抜け毛対策になる
  • 体調の変化を見抜きやすい
  • 猫と触れ合うことで猫も人もストレス解消になる
  • 毛のもつれを予防する

この5つです。

1つずつ詳しく解説していきましょう。

 

毛玉対策になる

毛玉を吐く猫のイラスト

ブラッシングによるいちばんの効果は

「猫の毛玉対策になる」

ということでしょう。

 

猫はとてもキレイ好きなため、普段からよく自分の体をなめて毛づくろいをやっていますよね。

  • 「ごはんを食べて一息ついているとき」
  • 「ベッドに入って寝る準備をしているとき」

など、いろんな場面でペロペロなめているんじゃないでしょうか。

 

それもそのはず、

猫は起きている時間のほとんどを毛づくろいに費やしているんです。

 

しかも、猫の舌って”ザラザラ”していますよね。

なので、毛づくろいをしているとどうしても抜けた毛が口の中に入ってしまい、そのまま飲み込むようになってしまいます。

 

それなのに猫は

飲み込んだ毛を”消化”することができません!

 

そこで、

「吐き出す」「ウンチと一緒に出す」

といった方法で体の外に出すのですが、あまりに飲み込む量が多くなっていくと

体内に蓄積されて”大きな球体”になっていきます。

 

そうなると、

”嘔吐を繰り返す”

”腸閉そくになる”

などの「毛球症(もうきゅうしょう)」という病気になってしまいます。

 

そこまでいってしまうと、

毛玉を自分で体の外に出すのさえ難しくなってしまいます。

 

なので普段から、”特に毛の生え変わりの時期”は定期的にブラッシングをしてあげて”余分な毛を取り除いておいてあげましょう。

 

抜け毛対策になる

コロコロで猫の抜け毛を取っているイラスト

猫を飼っている方なら誰もが経験していると思いますが、クッションやソファ、カーペットや布団といったものに、

気がつくと猫の抜け毛がびっしりこびりついている

といったことがあると思います。

 

ときには

「あれ?この布団こんな柄だったっけ?」

と思ってしまうほどびっしりです(笑)

 

それを掃除機やコロコロで取り除くのって”案外大変”なんですよね。

特にコロコロなんかは、1回かけただけで

「毛皮か!」

って程ついたりしてます。

 

終わるころには”ゴミの山”が...ってことも少なくありません。

 

これは、

「猫の毛の成長サイクルがとても速く、生えては抜けを繰り返している」

からなんです。

 

そこで、

ブラッシングをして抜け落ちるはずだった毛をこっちで先に取ってしまう

ことにより家具にこびりついてしまう毛を抑えることができるというわけです。

 

ブラッシングで取れる毛は”抜け落ちる予定の毛”ですから、猫にはなんの影響もありません。

 

体調の変化を見抜きやすい

具合が悪い猫のイラスト

猫が具合悪そうにしているときって、

”毛並み”や”毛艶”も悪くなって見た目にも弱っている

ように見えますよね。

 

それは、猫も人間と同じで体調が良くないときは

皮膚などに栄養がうまくいきわたらず、毛がパサパサになってしまうからです。

 

たまに野良猫をみかけたときに

「凄い毛艶キレイ」

って思わず言ってしまうような野良猫いたりしますよね。

あれは住んでる環境もあるでしょうけど、皮膚までいきわたるほど栄養をたっぷり摂っているのが大きな要因だと思います。

 

毎日とまではいかなくても、定期的にブラッシングをしてあげることで

「毛の変化に気づきやすくなる」

       

「病気の早期発見につながる」

ということです。

 

猫と触れ合うことで猫も人もストレス解消になる

猫と触れ合う人のイラスト
猫は

「大好きな飼い主さんと触れ合いスキンシップをとることで、ストレスが解消される」

と言われています。

 

”猫同士で毛づくろいをしている”のを見たことないでしょうか。

 

あのとき、されてる方の猫ってとても気持ちよさそうにしてることが多いですよね。

中にはゴロゴロ鳴きながら寝てしまう猫もいるくらいです。

 

あの行為を

「アログルーミング」

というらしいのですが、心を許した飼い主さんがブラッシングをするのは

”アログルーミングと同じ意味を持つ”

と言われているそうです。

 

また、私たち飼い主の方にも猫と触れ合ったり、ゴロゴロ音を聞いたりすることによる

「アニマルセラピー」

という”癒し効果”が得られることになります。

 

猫のアニマルセラピーについてはこちらで詳しく解説しています。

興味のある方は読んでみてください↓

 

毛のもつれを予防する

毛がボサボサな猫のイラスト

ペルシャやメインクーンといった長毛種の猫に多いのが

だんだん毛がもつれていく

といったことです。

 

短毛種の猫だといいですが、長毛種の猫だと自分でグルーミングをしたときに毛先まで舌が届かないことがあります。

 

そういった、

”きちんとされてない部分”が徐々にもつれていき

最終的に大きな塊

となってしまいます。

 

そこまでいってしまうと猫自身ではおろか、飼い主さんがブラッシングをしてもほぐせるようなものではないです。

そうなると...毛を切ってしまわなければいけません。

 

猫にも余計なストレスを与えることになります。

 

なので普段から、特に”長毛種の猫”を飼っている場合はブラッシングをしてあげた方がいいです。

 

猫にブラッシングをしてあげる手順

スリッカーブラシのイラスト

 猫にブラッシングをしてあげるときは、むやみやたらとしてはいけません。

”ちゃんとした手順に沿って”猫が気持ちよくなるようにしてあげましょう。

 

また、ブラッシングの頻度としては、

  • 短毛種は週に3~4回
  • 長毛種はできれば毎日してあげる

のが望ましいですね。

 

猫に合ったブラシを選ぶ

まずは、猫に合ったブラシを選ぶことから始めましょう。

猫用ブラシには一般的に

  • コーム
  • ピンブラシ
  • ラバーブラシ
  • 獣毛ブラシ
  • 抜け毛ブラシ
  • スリッカーブラシ

といったものがあります。

 

短毛種、長毛種別ではそれぞれ以下のものがあるとスムーズにブラッシングができると思います。

◆短毛種の猫の場合◆
  • ピンブラシ
  • ラバーブラシ
  • 獣毛ブラシ
  • 抜け毛ブラシ

 

◆長毛種の猫の場合◆
  • コーム
  • ピンブラシ
  • ラバーブラシ
  • 抜け毛ブラシ
  • スリッカーブラシ

 

それぞれのブラシの特徴とオススメのブラシについてはこちらで詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

 

ブラッシングする状況を選ぶ

ブラシの用意もできたところで、

「じゃあさっそく始めましょうか」

となるところですが、少し待ってください。

 

ブラッシングをするときは基本的に”猫の状況”に合わせましょう

 

人間でもお腹が空いているようなときにあれこれかまわれたりするとイライラしてしまうことがありますよね。

なので、

  • 「猫がリラックスしているとき」
  • 「ごはんを食べた後」
  • 「甘えてきたとき」

などを狙ってやるようにしましょう。

 

毛の流れに沿ってブラッシングしていく

さて、いよいよブラッシングを始めていきますが

ブラッシングをするときは

 

「毛の流れに沿ってやっていく」

 

ということ基本ですね。

毛の流れに逆らってブラッシングしても”毛並みはよくならない”し、”気持ちもよくない”です。

 

順番としては触られてもイヤがりにくいところから始めていくといいので

 

首周り背中しっぽお尻お腹

 

 という流れでやっていくといいと思います。

しっぽやお尻はイヤがる猫も多いので、様子を見ながら軽くやっていきましょう。

 

頭から始めて毛の流れに沿ってブラッシングしていき、徐々に中心から先の方へやっていくようにするとスムーズにいくと思います。

 

お尻までやった後は、

猫を抱きかかえて膝の上に仰向けにのせてから

「胸お腹足」

とやっていきましょう。

 

お腹をブラッシングするときはとてもイヤがることが多いです。

ゆっくりと優しくしてあげましょう。

 

 イヤがる素振りを少しでも見せたらすぐに止めてあげることが大事です。

 

猫がブラッシングをイヤがるときは

怒っている猫のイラスト

 猫が

”ブラッシングをイヤがってさせてくれない”

といったことがあると思います。

そんなときにとってみる対処法をあげていきます。

 

ただし、

「今まではブラッシングをイヤがらなかったのに急にイヤがるようになった」

 

という場合はどこかをケガしているなどで痛がっている可能性もあります。

 

猫の様子には注意してください。

 

ブラシに慣れさせる

まずは、”ブラシに慣れること”が大切です。

いきなりブラシを出されても猫からすれば

「何これ?これで何をしようっていうの?」

って感じでまったくわからないのですから。

 

リラックスしているときに飼い主さんがそっと頭や背中などイヤがりにくいところを手で撫でてあげましょう。

そうして、手で撫でている合間にブラシでもそっと撫でてみましょう。

 

イヤがらないようなら徐々にブラシで撫でる頻度を増やしていってみてください。

そうやって、少しづつブラシに慣れさせていってあげましょう。

 

 少しずつ部分ごとにやる

ブラッシングをさせてはくれるけど少しやったら逃げてしまう

といった場合は

「ブラッシングがイヤなわけじゃないけど、”拘束されている”のがイヤ」

ということがあります。

 

そんなときには、

”少しずつ部分ごとに分けて”やっていきましょう。

 

「今回は背中だけ」「次回はお腹だけ」といったように、

 

”1回のブラッシングで全身をやろう”と意識しすぎないことを心がけましょう。

 

猫にブラッシングをするときの注意点

バツを出している猫のイラスト

猫にブラッシングをするときには気をつけたいことがいくつかありますのでそれを少し解説していきたいと思います。

 

短時間で終わらせる

ブラッシングは”できるだけ短い時間”で終わらせるようにしましょう。

 

ブラッシングを好きな猫なら問題ないですが、

猫は寝ているとき以外はじっとしているのがあまり好きではありません。

 

ブラッシングは”3分程度”で終わらせてしまいましょう。

 

それ以上は少しずつイライラしてくる可能性があります。

「あっ!不機嫌になってる」

と感じたら、終わっていなかったとしてもいったん止めるようにしましょう。

 

無理強いをしない

ブラッシングだけのことではなく、

 

猫に無理強いはダメです。

 

猫がイヤがっているのに無理強いしてブラッシングをしてしまうと、

それ以降「ブラシを見ただけで逃げる」ひどくなれば「威嚇してくる」ようになってしまいます。

 

猫の気分がいいときだけにして、無理強いはしないようにしましょう。

 

強くやらない

抜け毛を取ろうと思って強くブラッシングをしてしまうと、

  • 「まだ抜ける段階ではない毛まで取ってしまう」
  • 「引っ掛かったときに勢いよく毛を引っ張られて痛い」

 といったことになる可能性が高いです。

 

そのためブラッシング自体をイヤがることになりかねません

基本的には優しくゆっくりとしてあげるようにしましょう。

 

まとめ

猫になつかれている人のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は「猫のブラッシングの効果と手順」について紹介、解説させていただきました。

 

この記事のまとめとしては

  • ブラッシングには「抜け毛対策」「毛玉対策」「体調管理」「ストレス解消」「毛のもつれ予防」の効果がある
  • 猫に合ったブラシを選び、猫の状況をみてした方がいい
  • ブラッシングは毛の流れに沿ってやる
  • イヤがるときにはまず慣れさせたうえで少しずつ部分ごとにやっていく
  • ブラッシングは短時間で終わらせるようにする
  • 無理強いしたり、強くしたりしてはいけない

といったところだと思います。

猫にブラッシングをしてあげるのってあんまり重要なことじゃないように思えますが、やってあげないと猫も私たち飼い主も困ってしまう、とても重要なことでした。

 

ぜひ定期的なブラッシングをしてキレイな猫にしてあげてください。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。