クロネコあぐりのブログ

猫に関することを中心にその他自分が気になったことも発信していきます。

猫が歯磨きをさせてくれない!どうにもできないときのお助けグッズ

  

         祈りが通じて助かった女性のイラスト      

こんにちは!こんばんは!クロネコあぐりです。

 

猫に、親の仇かってくらい「シャーッ!」をされたことあります?

 

 「ある」と答えた方の多くは、”猫がストレスに感じてしまうケア”、例えば爪切りとかそういうのをしようとしたときじゃないでしょうか。

 

その”猫がストレスを感じてしまうケア”のひとつに「歯磨き」があります。

 

歯みがき自体はとても大事なケアです。

猫は虫歯にはならないと言われていますが、歯周病にはなりやすいです。

3歳以上の猫の80%が発生してしまうと言われているほどです。

 

歯周病になってしまうと

 

口が痛くてごはんが食べにくい➡食欲がなくなる➡元気がなくなる➡抵抗力が弱まり、他の病気にもかかってしまう

 

といったことになりかねません。

そこで今回は

  • 猫が歯磨きをさせてくれない場合に
  • どうしてもできないときに助けてくれる歯磨きグッズ

 について紹介と解説をさせていただこうかなと思います。

 

「イヤがって歯みがきをさせてくれない、でも健康のためにはケアをしたい」

という方は一度参考にしてみてください。

 

 

猫が歯磨きをさせてくれない場合に

猫にひっかかれる人のイラスト

猫が歯みがきをさせてくれない場合の多くは、”歯みがきに慣れていないから”ということだと思います。

 

猫には歯みがきをしなければいけないという考えはありませんよね。

そこへ、いきなり”ブラシのついた棒状のものを持ってきて、口の中に入れようとする”

 

...イヤがって当然かもしれません。

 

なので、まずは歯みがきや歯ブラシに慣れてもらうことが肝心だと思います。

時間はかかるかもしれませんが、根気よくやっていきましょう。

 

頭やノドを触りながら、どさくさに紛れて口の周りも触る

口の周りには、頭やノドなど猫が触られて嬉しい、気持ちいい場所があります。

 

まずはそこを撫でてあげて、猫がリラックスしてきたら、口周りも一緒に触っていくようにしてみましょう。

 

怒られるようなら「ゴメン」とあやまって、また頭やノドを撫でて、”リラックスさせていきながら再度チャレンジする”を繰り返していきましょう。

 

なんとか慣れてきて、口の周りを触っても怒らなくなれば、歯みがきを始める準備はできました。

 

段階を踏んで徐々に歯ブラシを使うようにしていく

 口の周りを触ることができたら、今度は指で猫の歯を触ってみましょう。

できれば、指でこすって歯みがきをするみたいにしてみてください。

 

そこまでできるようになれば、徐々に段階を踏んで慣れていってもらうだけです。

 

その踏んでいく段階とは

1.ガーゼなどやわらかいものを使って、猫の歯を拭くようにする

            

2.綿棒などの棒状のものを使って歯や歯茎をやさしくキレイにする

            

3.歯ブラシを見せたりニオイを嗅がせてりして慣れさせる

            

4.歯ブラシを使って猫の歯みがきができるようになる

という流れになります。

 

途中の段階でイヤがられるようなら、ガーゼや綿棒にペースト状のおやつを染みこませたりしてもいいでしょう。

 

そうやって、「口の中に何かが入る=いいことがある!」ということを覚えさせていけば、徐々に歯みがきに慣れていってくれると思います。

 

また、飼っている猫がまだ子猫の場合は、小さいうちから慣れさせておくと、大人になってからもスムーズに歯みがきができるようになります。

 

猫用の歯みがきシートなど歯をみがくためのグッズはこちらで解説しています。

また、合わせて歯をみがくやり方も解説しています。参考にしてみてください。

猫の歯磨きを楽しくカンタンに!猫の歯磨きグッズの紹介とおすすめ

猫に歯みがきをさせてもらおう!歯ブラシを使った歯みがきのやり方

 

どうしてもできないときに助けてくれる歯磨きグッズ

歯がキレイな猫のイラスト

猫に歯みがきをさせてもらうには、慣れてもらうしかありません。

しかし、いくらやってもきつめの「シャーッ!!」をやられて、歯をみがくのをイヤがってしまう猫もいます。

 

そんな場合には、もうあきらめるしかないんでしょうか。

いや、そんな飼い主さんを助けてくれる歯みがきグッズがあるんです。

 

それが

  • デンタルケア用フード
  • デンタルケア用サプリ
  • デンタルケア用おもちゃ
  • 液体歯みがき

といったものです。

 それではどういったものがあるか解説しながら見ていきましょう。

 

デンタルケア用フード

デンタルケア用フードは噛むことで歯みがきの効果を得られる猫用おやつのことです。

 

野良猫のような野生の猫は、いつも硬い肉や骨を食べているため、こすれて歯垢がたまることがあまりないということなので、それを再現しているおやつということだと思います。

 

「デンタルケア用フードのおすすめ」

 「ライオン(LION) PETKISS(ペットキッス) オーラルケア」は猫が噛むことで歯垢を除去してキレイな歯をキープすることができる、ジャーキータイプの猫用おやつです。

 

ブラッシングスクラブといわれる「微粒二酸化ケイ素」と牛皮チップが歯の隙間に入り、歯垢を落としてくれるということです。

また、緑茶抽出成分も入っているので口臭対策も大丈夫です。

 

 こちらは「ササミジャーキー」ですが、他にも「にぼし」「カニ風味かま」「ササミ&チーズ」「ササミプチロール」「まぐろ味スティック」「チキン味スティック」と種類も豊富にあります。

 

1種類だけでは飽きてしまうこともあるので、2~3種類まとめて買うことをオススメします。

 

値段は1個20g×4個セットで850円くらいです。

あげ過ぎると、歯は健康でも太ってしまうので適度にあげるようにしましょう。

 

 「グリニーズ 猫用 チキン&サーモン 旨味ミックス 70g」100%自然食材でできている、安心安全な歯みがき専用スナックです。

 

少し大きな粒で硬いため、ガリガリ噛むことで歯垢を取り除いてくれます。

 

味もこちらの「チキン&サーモン」の他に「ローストチキン」「グリルツナ」「香味サーモン」「グリルチキン・西洋マタタビ風味」があります。

 

値段は600円くらいです。

 

粒が大きく硬いということで、8か月以上の猫に与えるようにしてください。

また、硬さから噛まずに飲み込んでしまうこともあるようです。

粒が大きいのでのどに詰まらせたりしないよう気をつけておきましょう。

 

 「プロデン デンタルバイツ猫用」天然海藻を主原料とする安全なデンタルケア用フードです。

また、人口保存料、添加物、着色料は一切使っていないということです。

 

毎日噛むことで、口臭、歯垢の付着を軽減してくれます。

 

1日あたり、2㎏~6㎏の猫で4~6粒程度あげればいいので、カロリーを気にせず、おやつとしてあげれます。

 

値段は1,400円くらいです。

 

「甲状腺機能亢進症の場合と妊娠時ご使用をお控えください」と書かれているので、あげ過ぎると甲状腺に何か影響があるのでは、と考えられますので気をつけましょう。

 

デンタルケア用サプリ

デンタルケア用サプリは猫がいつも食べているごはんにかけたりするデンタルケア用品のことです。

 

いつものごはんにかけるだけでカンタンにデンタルケアができるので、歯みがきができないと嘆いている飼い主さんにとても重宝するものだと思います。

 

「デンタルケア用サプリのおすすめ」

 「トーラス 歯みがきラクヤー マグロ 愛猫用 25g」は、いつものごはんに毎回付属の専用スプーンで1杯(子猫は半分)をかけてあげるだけのカンタンなデンタルケアです。

 

さらに、歯周環境を清潔にするだけではなく腸内環境も整えてくれるので、口臭も便臭もまとめて軽減してくれます。

 

値段は1,000円くらいです。

 

 「共立製薬 デンタルバイオ」口腔内善玉菌を配合していて口の中の健康をサポートしてくれるデンタルケアサプリです。

 

こちらは、錠剤になっているので、猫は1日1粒をそのまま飲ませるか、粉末状にしてごはんにふりかけたり舐めさせるかすれば大丈夫です。

 

錠剤と聞くと薬のようで味はあまりよくないのかな、と思ってしまいますが、嗜好性はよくレビューを見ても食いつきはいいようです。

 

値段は3,000円くらいです。

 

子猫にはお腹がゆるくなる可能性があるので、あげない方がいいかもしれません。

 

 「Dr.YUJIRO デンタルパウダー(朝用)」は、3000頭もの犬の歯石除去をしてきた獣医師が開発したデンタルケアサプリです。

 

人間の歯の治療でも効果のある「ハタ乳酸菌」という菌をパウダー化して配合しています。

粘膜に付着しやすい性質があるので、歯周ポケットに定着して歯周病菌などを死滅させる効果があるようです。

 

朝ごはんの後にスプーン2杯を少量の水で溶かし飲ませてあげてください。

また粉末をごはんにふりかけてあげても大丈夫です。

 

値段は5,700円くらいです。

 

デンタルケア用おもちゃ

デンタルケア用おもちゃは、猫がおもちゃに噛みついて遊ぶのを利用して、ついでに歯みがき効果が出るようにしたおもちゃです。

 

 遊ばせていれば勝手に歯みがきをしてくれているようなものなので、いちばんカンタンなデンタルケアだと思います。

 

ただ、猫が興味を持ってくれるかだけが心配ですが...

 

「デンタルケア用おもちゃのおすすめ」

 「ペティオ(Petio) らくらくデンタルトイ けりぐるみ」は猫の興味を引くようにまたたびや、シャカシャカフィルムが入っているデンタルケア用おもちゃです。

 

頭と背びれ部分には、歯の汚れがからまりやすいようにメッシュ仕様になっています。

種類は3つあり、サメとインコとマウスがあります。

 

サイズは7㎝×10.5㎝×29.5㎝となっています。

値段は640円くらいです。

 

ヒレの部分など、メッシュになってないところはちぎれやすいようなので、誤って飲み込まないように気をつけてあげてください。

 

「Pom Preece(ポンポリース) デンタルヘチマTOY 森のアニマル」は、名前の通りヘチマを使ってつくられているデンタルケア用おもちゃです。

 

ヘチマの食物繊維が猫のしつこい歯垢も取り除いてくれます。

仮に、噛みちぎって飲み込んでしまっても、植物なので安心です。

 

種類は3つでクマ、ウサギ、アヒルがあります。

サイズはクマが10㎝×12㎝、ウサギが9㎝×8㎝、アヒルが9㎝×10.5㎝となっています。

 

値段は3種類まとめ買いで1800円くらい、1種類ずつだと600円くらいです。

 

 「ジェックス デンタケア」は、猫の興味を引くために、キャットニップハーブの入ったデンタルケア用おもちゃです。

 

シャカシャカ音のする胴体部分は、メッシュ仕様になっていて噛みつく猫の歯垢をからめとります。

 

ぶら下げて飼い主さんが遊んであげれる手持ち付きになっています。

種類も4つで、バードとマウスとカエルとスクエアブラシがあります。

 

サイズはバードが15㎝×7㎝×2㎝、マウスが13.5㎝×5㎝×2㎝、

カエルが9㎝×13㎝×2㎝、となっています(スクエアブラシはわかりませんでした)

値段は650円くらいです。

 

 液体歯みがき

液体歯みがきは、猫は私たち人間のように口をすすぐことができないため、飲み水に入れて飲ませるようにするデンタルケア用品です。

他にも飲ませるのではなく猫の口の中に直接スプレーするものもあります。

 

どちらにしても歯みがきをカンタンに済ませることができるので、とても助かるデンタルケア用品です。

 

「液体歯みがきのおすすめ」

「ReDenta(リデンタ) ウォータープラス for CAT」猫の飲み水に混ぜるだけで口内環境を整えてくれるデンタルケア用品です。

 

飲み水に入れるということで、含まれている成分が気になりますが、天然エキス配合ということで安心して飲ませることができます。

 

また無味無臭なので、ニオイや味に敏感な猫でも、気にすることなく飲んでくれます。

混ぜる量も、飲み水500~800mlでキャップ1杯(5cc)、250mlでキャップ半分(2.5cc)とわずかに混ぜるだけで大丈夫です。

 

内容量は250mlで、値段は2,400円くらいです。

 

「トーラス 歯みがきラクヤー リキッド ペット用」も、”歯みがきを飲む”のフレーズ通り、飲み水に混ぜるだけでデンタルケアができる歯みがき電解水です。

 

無添加、防腐剤フリー、さらに無味無臭なので、猫に安心して飲ませることができます。

 

混ぜる量は500ccに4~5回プッシュする程度ということですが、1滴たらすのかプシューと出すのか、その辺はちょっと曖昧ですね。

また、混ぜた水は残っても置いたままにせず、1日1回は水を変えるようにとのことです。

 

内容量は100ml(約50日分)で値段は1,100円くらいです。

 

「ペティオ(Petio) デンタルスプレー ペット用」は、猫の口の中に直接スプレーするタイプの液体歯みがきです。

 

スプレーといっても、普通にあるような散布するタイプではなく、ストレートに出てくるタイプなので、口の中以外にまき散らすといった心配はありません。

 

また、含まれている成分も食品への使用が認められている成分のみなので、安心です。

使用方法は猫の歯茎や奥歯に2~3回スプレーするだけとなっています。

 

内容量は50mlで値段は500円くらいです。

 

まとめ

舌を出している猫のイラスト

いかがだったでしょうか。

今回は猫が歯みがきをさせてくれない場合の対処の仕方と何をどうしてもイヤがって歯みがきをさせてくれない場合に助けてくれる歯みがきグッズの紹介と解説をさせていただきました。

 

今回紹介した歯みがきグッズは、確かに楽なものばかりですが、猫の歯をいちばんキレイにできるのは、やっぱり「歯ブラシで歯をみがくこと」です。

 

できれば、あきらめずに猫の歯を歯ブラシでみがくことにチャレンジし続けてみてください。...猫のストレスにならない範囲で。

 

それでは、この記事が少しでもあなたの参考になったなら幸いです。